« やはり米、味噌、塩、醤油 | トップページ | 変なミカンの食べ方 »

何処かで聞いた話

昨晩は旅番組を見る。南会津の高遠そばは一度食べてみたい。その後、真野響子、真野あずさ姉妹が登場。真野響子さんは大河ドラマ「風と雲と虹と」以来のファンです。

その後、21時ごろ就寝。23時ごろ眼が覚める。2時ごろまでうつらうつら&ウトウト。

5時少し過ぎ眼が覚める。温度は0度。ちと寒い。ラジオを聴きながらうつらうつら&ウトウト。

6時少し過ぎ起きだして朝食。その後、麦茶を飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。関越、北関東道路が4日ぶりに復旧した。あとは長野県への道路だな。

明治ブルガリアヨーグルトが砂糖の添付をやめるとか。やまちん、コーヒーに使っていました。(^^;)

一度は行きたかった秘湯の宿、山梨県早川町の「白根館」。この大雪で孤立しているとか。秘湯の雪見風呂もいいが、閉じ込められたら叶わないな。(^^;)

18日(火)の朝日新聞「ひととき」欄。「雪に思う20年の歳月」と題する投稿が掲載された。1994年2月12日、投稿者が新婚旅行のため成田空港へ着いた。しかし大雪のため飛行機は飛び立たず、泣く泣く家に帰ったとか。

ん?何処かで聞いた話だ。あ、前橋営業所勤務の時、同僚のK君が同じ時期に新婚旅行のため成田空港へ向かった。しかし上野で飛行機が飛ばないことを知り、群馬へ帰って来たなあ。その後、K君はJTBと何回かやり取りをした。ある日、お得意様から電話が鳴った。電話に出たK君は「はい、JTです」と言う所、「はい、JTBです」と言って周りが大笑いしたことを覚えている。(^O^)/

さて、今日は二十四節季の雨水。これから暖かくなるかしら。(^O^)/

10時、恐々と車で出かける。前橋長瀞バイパスの両側はまだ真っ白。カワチへ行き、食パン、「極ZERO」、ドレッシングなどを買い、とりせんへ向かう。マツキヨで薬を買い、とりせんで餃子や焼きそばなどを買う。

さて、どうやってパイパスに出ようか。とりあえず歩いてパイパスへ通じる道を歩いて確かめる。雪は無かった。車に戻りパイパスに出て帰宅。

その後、通りに出て歩道を雪かきをする。戻ってレトルトのカレーライスを食べる。

日曜の夜から顔や首の回りがかぶれっぽくなっている。我慢できないので診てもらおう。14時20分、出かける。バイパスを走る。反対車線の日かげの部分にまだ雪が残っている。帰りは追い越し車線を走ろう。

30分、到着するがまだ開いていなかった。35分、ドアが開いて受付。一番目だった。(^O^)/45分、診察開始。病状を説明する。先生「日曜の夜からだったら、雪かきをしませんでした?」、やまちん「一生懸命、雪かきをしました」と返答。

先生「紫外線が雪に反射して顔や首に当たったようですね」。そんな訳で塗り薬と飲み薬を処方してもらう。それにしても「雪かよ!」と叫びたい。会計して隣の調剤薬局で薬を貰って帰る。

帰りは予定通り追い越し車線を走る。道路状況を知らない車が、日陰の雪が残る右車線を走って雪でフラフラと運転していた。(^^;)その後、無事帰宅。

カキコが消えないうちに少しずつアップ。(^^;)

« やはり米、味噌、塩、醤油 | トップページ | 変なミカンの食べ方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり米、味噌、塩、醤油 | トップページ | 変なミカンの食べ方 »