« 朝からサッカー観戦 | トップページ | 断念&残念 »

誰にでも苦手はある

昨晩は涼しかったので野球中継を聴きながら横になる。我がスワローズ。0-2の劣勢です。24時、目が覚める。風が無いので扇風機を回す。1時半、やっと涼しい風が入ってきた。パトカーが3台高崎方面から新町方面へ走って行った。夜中のサイレンは静かな音にしてもらいたい。その後、雨がポツリ、と少し降った。

3時、少し過ぎに目が覚め「ミュージック・ナビ」を聴く。出光仁美さんの「一本道」が流れた。この子も生で見てみたい。(^_^)/

40分、「キラリ青春 ちゆ喫茶」が始まる。9日の井の頭公園ストリートライブのことを話した。当日は晴天でこの日で梅雨明けだったとか。バルーンアーティストのmotoさんがバルーンで生ビールジョッキを作ってくれたらしい。当日はノリがよく1時間以上も歌ったとか。ライブ後の握手会で、朝顔の鉢を持って来てくれたファンがいたらしい。下町のくまさんかしら。(^_^)/

「8月に新曲が出ま~す。『秋櫻(コスモス)の頃』という曲です。作詞は『およげ たいやきくん』の高田ひろお先生、作曲は杉本眞人先生です」と。「秋櫻(コスモス)の頃」が流れた。「吾亦紅」は息子が母親を想う歌、この歌は娘が父親を想う歌になっています。

4時、「あなモニ」を聴く。「君に胸キュン」、「フライ・アウェイ」、「涙の太陽」、「白い制服」、「緑のふるさと」、「誰の未来にも愛がある」などが流れた。今日は女性大臣の日、サイボーク009の日とか。やまちんの初恋の女性は、「003」のフランソワです。(^_^;)

5時半、起き出してゴミを拾いながらゴミを捨てに行く。戻って朝食。その後、I君からもらったアイスコーヒーを飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。女子サッカーの沢選手。PK戦に出なかった。やまちんも何故だろう?と思っていた。順番は最後の10番だったらしい。理由はPKが苦手だったとか。誰でも苦手はあるんだな。(^_^;)PK戦の前、選手が笑っていたのはそんな事があったからか。(^_^)/ちなみにやまちんは女性が苦手です。(^_^;)好きですが、、。(^_^)/

とにかく明るい話題です。あとは我がスワローズが優勝するだけです。(^_^)/

セシウムに汚染された牛は600頭以上に上るらしい。困った事態です。これも国の対応が悪いと思う。

与謝野さんはギャンブル税を検討している。配当金にはもっと税金をかけて欲しい。

我がスワローズ。「あきらめない野球」で0-2から同点にし、2-2で最下位横浜戦と引き分けでした。(^_^;)

6時半、雨が降ってきた。(^_^;)

その後、DVD「きみがくれた未来」を見る。

ザック・エプロン、アマンダ・クルー(ファイナル・デッド・コースター)、チャーリー・ターハン(アイ・アム・レジェンド、最後の初恋)、キム・ベイシンガー(LAコンフィデンシャル、セルラー、NY最後の日々、ブレス・ザ・チャイルド、バットマン、ナインハーフ)、レイ・リオッタ(フィールド・オブ・ドリームス、乱気流、不法侵入、ハンニバル、グッド・フェローズ、ダウト、アイデンティティ、ジョンQ、コップランド)

Kkm0002

ヨットで大学の奨学金を手に入れたチャーリー。高校の卒業式の夜、弟サムを乗せて会場へ向かうが事故に遭い、弟は亡くなることに。5年後、チャーリーはサムが埋葬されている墓地の管理人として過ごす。ある日テスという女性がレースに参加するため出港するが、嵐に遭い遭難する。それを聴いたチャーリーは、、。

死んだサムに野球を教えるチャーリー。そして死に直面するテスと逢い捜索をする。「シックスセンス」に似たようなストーリーだったが感動作品です。

Kkm0011

レイ・リオッタが救命士として登場。またいい役です。レイ・リオッタらしくない。「無意味な奇跡は無い。生かされた理由があるはずだ」。いいセリフもありました。(^_^)/

Nniizuma01

その後、「悠々ワイド」を聴く。新妻聖子さんがゲスト。(^_^)/やまちんお気に入りの「アンダンテ」、「愛を止めないで」、「Sisters」、「オーバーザ・レインボー」が流れました。映画「アンダンテ」、アルバム「アンダンテ」も紹介されました。ツアーの告知もありました。群馬にも来ないかな。(^_^)/

10時半、出かける。群馬銀行新町支店へ行く。5人待ち、15分くらい待ったかな。待っていたら団扇を貰った。その後、国民健康保険料28600円を納付する。その後、フレッセイ新町店行き、純やアサヒオフなどを買う。(2353円)

帰宅してざる蕎麦を食べる。ちょっと節約&カロリー調整。^_^;12時、雨が降ってきた。お蔭で蒸しているのだが、少し肌寒い。風邪をひかないようにしなければ。(^_^;)

俳優で歌手の原田芳雄さんが亡くなった。過日映画「大鹿村騒動記」の舞台挨拶に車いすで参加していた。大鹿村は長野県下伊那郡の過疎の村。東には南アルプス(赤石山脈)を望む村です。映画は是非見てみたいです。他の映画では宮沢りえさんと共演した、「父と暮らせば」で味のある父親を演じていた。一昨年、NHKのスタジオパーク?に出演した時、倉橋ルイ子さんのご主人がバックでギターを演奏していた。

また27,8年前、完成前の伊香保カントリー倶楽部清瀧城コースを利用して、ジャズフィスティバルが開催された。原田さんも参加をして歌を聴く機会があったなあ。合掌。

さて東電は原発作業員に出している昼食を有料にするとか。「昼食は有料」は当たり前だが、理由が「非常時で無くなったから」と言っている。まだ非常時でしょうよ。何を考えているんだろ。

« 朝からサッカー観戦 | トップページ | 断念&残念 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事