« なんだ、冗談かい | トップページ | 負けなかったが、、、 »

カティンはパンドラの箱?

昨晩はヘキサゴンを見る。AKB48のメンバーがゲスト出演。お友達になりたいわん。(^_^.)その後、「きらめき歌謡ライブ」を聴いて、21時半ごろ就寝。

1時少し過ぎに目が覚め3時ごろまでうつらうつら。4時、「あなモニ」を聴く。「ブルー・シャトウ」、「風に伝えて」、「おしろい花」、「アポロ」、「おんな未練節」、「空に星があるように」(高橋真梨子)が流れた。今日は1729年、8代将軍の吉宗が像と対面した日とか。

6時、起き出して朝食。その後、焙煎亭の「季節のブレンド 春」を飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。31日、世界禁煙デーということで県庁では全館禁煙にするとか。それだったらタバコ税を受け取るな。当日は思い切り吸ってくれよう。

社民党。どうするんだろ。もし連立を離脱すれば、沖縄を除く他県の選挙区での議員ないなくなるだろう。

四万温泉観光協会の会長に、柏屋旅館さんの社長さんが就任することになった。何か新しいことをやってくれることを期待したい。

さて、イトーヨーカ堂前橋店の閉店セールが始まった。帰宅途中、食品売り場に寄ってよく試食をしたよなあ。

ニュース番組で揺れる橋の映像が流れた。完成して半年の橋らしい。昔、「カタストロフ」という映画があり、大きく揺れる橋の映像があった。結局その橋は崩壊したが、今回の橋はどうなるのかしら。

Img_3603

今朝の浅間山方面。雲が出ています。

DVD「ヴィヨンの妻」を見る。松たか子の映画作品を見るのは初めてのような気がする。と思ったが「隠し剣 鬼の爪」を見ていた。

Vyt0017

松たか子、広末涼子、室井滋、伊武雅人、堤真一、妻夫木聡、山本未来、光石研、新井浩文、小林麻子

Vyt0013

戦後の混乱期。小説家の大谷は借金をしたり女を作ったりしていた。その借金返済のため妻のさちは息子と一緒に、貸主の居酒屋に行きそこで働くことになる。さちの評判がよく、客が増えその中にさちに好意を持つ男が現れるようになる。

妻役の松たか子が非常にいい。こんな女性に尽くしてもらいたい。と思う今日この頃。(^o^)丿

昨日見た「カティンの森」。ポーランドは第二次大戦中はドイツとソ連に占領され、戦後はソ連を中心とした共産圏の国として出発した。1940年に起きたと言われるカティンの森での虐殺はソ連の犯行となんとなく知っていたが、国民はドイツの犯行を言わざるを得ない状況になっていた。口にしたりすると投獄されるからだ。

作品中、戦中は大将の妻として凛として姿勢を貫いていたが、戦後は体制に逆らえなくなってしまう女。息子の中尉の妻は戦後も、犯行はソ連の仕業と信じて墓碑のその旨を記した。しかし体制側に見つかってしまい投獄されてしまう。密告者は義母なのか教会なのか分からない。最近、ポーランドとロシアはこの件について和解したらしい。しかし長い間、「カティンの森」はパンドラの箱を開けるようなものだったのか。それにしても処刑するシーンはむごい映像だった。捕虜を殺してはいけないな。味方にして最前線で働かすことが出来たろうに。と思う。

Img_3605

お昼は近くの「割烹 翁」へ行く。注文したのは「ジャンボ海老天丼」(1180円)と飲物。(合計1810円)CMとかメニューにはジャンボ海老は2本だったが、入っていたのはジャンボが1本、普通サイズが1本だった。ま、仕方ないか。^_^;

20100527sanspo

ちゆきさんの記事がサンスポに掲載されているというので、近くのファミリーマートへ買いに行く。(130円)外は強い北風が吹いていた。http://www.sanspo.com/geino/news/100527/gnj1005270501005-n1.htm

« なんだ、冗談かい | トップページ | 負けなかったが、、、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事