« 今日は由紀江さんの「鎌倉シーサイドピアノコンサート」 | トップページ | そろそろ地デジかなあ »

昨日の由紀江さん「鎌倉シーサイドピアノコンサート」

25日。6時、外は小雨。これなら自転車で新町駅へ行けるかな。8時、大粒の雨が降り出した。仕方ない、車で新町駅へ行こう。

9時、雨の中車で新町駅へ向かう。折りたたみ傘ではなく大き目の傘を持って行く。新町駅南の駐車場に車を止めて駅へ向かう。雨はだんだん強くなる気配。

9時25分、湘南新宿ラインの電車に乗り込む。向かうの席が空いていたので座ろうとしたら、隣に座っていた女性がハンカチを置いて阻止をした。何だよ。後からきた女性がそこへ座ったので、仕方なくやまちんは空いている席に座る。何やら女性6人組で何処かへ行くようだ。年齢は50歳前後かな。

10時13分、鴻巣。29分、大宮着。少し冷房が入った。寒い。43分、赤羽着。11時4分、渋谷着。10分、大崎着。そして乗り換えの大船に43分に到着。トイレ休憩をして12時1分の横須賀線に乗る。雨のためかいつもより空いていた。

12時10分、鎌倉に到着。江ノ電の券売機で七里ガ浜までの往復キップを買う。(500円)相変わらず外は雨。しばし近くのデパートで休憩。30分、BUBUさんに電話、「喫茶みにまむにいます」とのことで傘を差して歩き出す。地下にある喫茶店に行く。場所柄ここはあまり観光客は来ない所です。

Img_1444 コーヒーを飲みながらしばし歓談。(550円)その後、近くのラーメン屋へ行く。ドアを開けたらカウンター席が7席しかない狭いお店。大丈夫かいな、と思いながら醤油ラーメンを注文する。(600円)しかしこれが案外旨い。隠れた名店です。(^o^)丿

その後、近くの喫茶ルノアールへ行き、コーヒーを飲みながら新聞を読む。その後、江ノ電に乗る。稲村が崎で降りた太った女性、この寒いのに肩を出した薄着だった、隣の乗客が「皮下脂肪があるから寒くないだろう」なんて悪口を言ってた。14時26分に七里ガ浜に到着。外は海岸沿いなので風が強い。雨が横殴りに降ってくる。折りたたみ傘でなくてよかった。^_^;

Img_1446 16時、ラウンジでカクテルサービス。タイトルは「見果てむ夢を探して」。スクリーンでは由紀江さんの演奏の映像や、「b:mist」のCM映像が流れていました。

09042501「D-1」に座る。17時5分、コンサートが始まる。

オープニング曲は

「テネシーワルツ」、「扉をあけよう」

由紀江さん「シーサイドコンサートにようこそ。西村由紀江さんです。私はずっと晴れ女だと思っていましたが、ご覧のようなお天気になってしまいました。今日はとても残念です。悔しいです。今年一番の大荒れです。朝来た時、私何か悪いことをしたかな。遠くから来て頂いた方は顔はにっこりですが心はがっかりだと思います。でもちょっとやんで来たよねえ。雨にも負けず風にも負けず、暖かいコンサートをしたいと思います。最後までお付き合い下さい」

「ひだまり」、「手紙」、「TUNAMI」

由紀江さん「『ひだまり』、『手紙』、そして海にちなんだ『TUNAMI』を演奏しました。今回もステージのテーマカラーを決めました。ブルー、まずは自慢の衣装。今日は初めてこの衣装を着ました。(会場から拍手)先ほどドリンクを飲まれた方気がついたと思われますが、カクテルもブルーを基調にしました。タイトルは「見果て夢を探して」です。ミント茶もブルーを基調にしました。ここのステージは集中力がありますね。ここで10秒くらい咳タイムを設けますね。」と全員が咳払いをする。

「今年で11回目のステージをやらせていただきました。昨年「独立をします」と言いましたがもう一年が経ちましたね。事務所を立ち上げる時は「やるぞ」と思いながら、どうなるか分からず夢の中にいるようでした。私はみかけによらずせっかちなので、応援してくださる方から、事務所名の「モデラート」のように「中ぐらいの速さ」で歩いてくださいという励ましをいただきました。とても嬉しかったです。秋にはアルバムをリリースしようと考えています。」

「皆さんに応援していただいて幸せです。この幸せをお分けしたいと思います。それでは『しあわせメドレー』ということで4曲演奏します。」

全労災のCMソング「しあわせの花」、「しあわせのかたち」、お客さまからタイトルをもらった「ちいさなしあせから始めよう」、「あなたに最高のしあわせを」

由紀江さん「中国からの演奏家を紹介しますね。」と揚琴(ようきん)奏者の顧偉良(グ ウェイ リャン)さんを紹介する。そして顧偉良が揚琴で草原をイメージして曲を演奏する。

由紀江さん「草原をお馬が駆けて行くイメージでいいですか?」、「遊牧民族をイメージした曲です。」。由紀江さん「お正月に中華料理屋さんで顧偉良の演奏を聞いて、知人を通して紹介され『4月25日は空いてますか?』と来たらOKを貰いました」。日本に来て20年になるとのこと。

揚琴はインドから伝わった明時代の楽器とのこと。由紀江さん「打ち合わせに家に招いてもらいました。そこでワンタンスープを貰い、そしてえ吉さんのリンゴジュースを貰いました。「吉さん」とは吉幾三さんでした。」吉幾三さんと同じ事務所とのこと。

顧偉良さんが「雪国」の原曲を演奏。その後、揚琴らしく「雪国」を演奏する。「なるほどねえ。音が伸びるのはいいですね。ピアノは音を止めればそのままですから」

由紀江さん「聞いていたら私もやりたくなりました」と、「花」を少し演奏したが失敗。由紀江さん「えへ、間違えちゃった」との表情。会場は爆笑。そしてやりなおして大成功。そして「世界をめぐる旅をしましょう」と顧偉良さんの揚琴とコラボで

「乙女の祈り」、「雨にぬれても」、「ゴゼットのタボット」、「蘇州夜曲」、「ゴッドファーザー愛のテーマ」、「朧月夜」

由紀江さん「揚琴では普段は聞かない曲ばかりですね。もう一度「ゴゼットのダボット」をお願いしますねと顧偉良さんにねだる。

「見果てぬ夢を探して」を揚琴とピアノのコラボ演奏する。

由紀江さん「揚琴は五線譜では無くて全部番号なんです。それを何時間もかけて五線譜を揚琴用に直してくれました。それでは次の曲です。昨年放送されたドラマの主題歌となった、『肉体の門』のテーマ曲を演奏しますね。」

「肉体の門」のテーマ

続いて

NHK「アーカイブ」のテーマ曲「未来からの贈り物」、「風に向かって」、

アンコールは「誕生」

18時35分、コンサート終了。

小雨の中、七里ガ浜駅を目指す。駅に着いたら電車が出てしまった。仕方なく次の電車で行くことにする。鎌倉駅に着いたら19時12分発の電車が着いたばかり。急いで乗り大船で乗り換えのため降りる。その電車を見送ったら「湘南新宿ライン宇都宮行き」と書いてあった。ま、いいか。

19時33分発の「大宮行き」の電車に乗る。京浜東北線だった。^_^;仕方なくそのまま上野へ向かう。品川駅あたりから山手線電車と競争。どっちが早く着くかな、と思ったら同時だった。

21時発の特急あかぎに乗る。(900円)22時14分に新町駅に到着。ミニ同窓会会場の元気丸へ向かう。カラオケ部屋では10人が騒いでいた。やまちんも生を飲み、つまみを食べカラオケに参加。「青春のたまり場」、「ガラスのイエスタディ」、「サボテンの花」、「22歳の別れ」、「AMARICA」を熱唱。

0時半にお開き。Yさんの車に乗せてもらい、1時に帰宅して1時半に就寝。

5時半に目が覚め、40分車を取りに新町駅へ自転車をこいで出かける。11分で着いてしまった。500円支払い駐車場から出ようとしたら、駅方向から覆面パトカーが来たので道を譲る。職務質問されたら叶わない。アルコールで引っかかるな。確実に。^_^;

その後、自転車を積んで帰宅して朝食。風が強い。群馬の森公園でクラフト展がある予定だがどうなるのかな。

9時、とりせんへ出かける。マイバッグポイントが20個たまったのでティッシュボックスを貰う。その後、ららん藤岡で野菜、フレッセイ新町店で「麦とホップ」などを買う。(1206円)

Img_1456_2 お昼はラーメンを作り食べる。

Yukieaanaga01_2 午後のひととき、初摘みコーヒーを飲みながら由紀江さんの「しあわせのかたち」、「あなたが輝くとき」を聴いて余韻に浸っております。

« 今日は由紀江さんの「鎌倉シーサイドピアノコンサート」 | トップページ | そろそろ地デジかなあ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事