« 逆走 | トップページ | 熱中症寸前 »

あやや?

昨晩は19時半から「阿久悠さん特集 歌謡コンサート」を見た。五木ひろしさん、八代亜紀さん、石川さゆりさんなど重厚なメンバーだった。番組中、昭和45年にヒットした、北原ミレイさんが歌う「懺悔の値打ちもない」が歌われた。当時やまちんも子供心に「スゲー歌だな」なんて思って聴いていた。目玉は幻の4番の歌詞。現在は歌詞カードなど残っていないらしいが、北原さんの記憶に基づいて今回の歌唱になった。

♪あれは 何月 風の夜 とうに二十歳を過ぎたころ 鉄の格子の空を見て 月に姿がさみしくて 愛と言うのじゃないけれど 私は誰かが欲しかった♪(阿久悠作詞)

「懺悔の値打ちも無い」、本当に小説を読んでいるような歌です。今回は阿久悠さんと関わりの無かったあややとジェロさんが出演。2人とも他の歌手の歌を歌わせるために出番だと思う。でも出演交渉をすれば岩崎宏美さん、伊藤咲子さん、新沼謙二さん、ピンクレディなど喜んで出演しただろう。ちなみにあややは「私の青い鳥」の歌詞を間違えて歌ったらしい。作詞家の追悼番組なのに歌詞を間違えるなんてちょっと許せない。あややでも、、、ミキティなら、、。^_^;

また阿久悠さんから小林旭さんへの手紙が披露された。まだ知名度は低いがちゆきさんの手紙も披露して欲しかったな。

その後、「女の格付け」を見て就寝。蒸し蒸しするがなんとか眠れた。2時半、外がチカチカする。目を開けたら雷だった。おかげで3時半まで眠れず、5時に目が覚める。6時半、起きだして朝食。外は小雨模様。寒いからお昼は味蔵で熱い味噌ラーメンでも食べようか。

ちり紙交換のチラシが来ていたな。新聞の束を門の外に置くように書いてあったが、雨に濡れるので玄関脇に置く。分るかしら。

7時20分、検査の付き添いがあるので前橋市山王町の姉の家へ行く。玉村を通って行こう。田中生コンの前を通り田圃道を行き、とりせんへ出る。その後、直進するがしまむら前の信号から先が渋滞している。脇道から若い女性運転の車が出て来たので入れてあげる。やまちん、若い女性には親切だ。見返りは無いが、、、。^_^;

利根川にかかる橋を渡るが下は濁流。こんな所での渋滞は怖い。直進して東善町の交差点を直進。55分、無事に到着。8時に出発して、20分に日赤に到着。雨は上がったようだ。時間が早かったので駐車場は空いていた。

内視鏡室へ行き受付、その後、エコー室行く。50分、終了してまた内視鏡室へ移動。9時に開始して15分終了。エコーも胃カメラも予想より早く終わった。胃の中に出来た静脈瘤は見られなかったらしい。手術はせずに胃を保護する薬を飲んで様子を見るとのこと。そんなんでいいのかいな。やまちんもそろそろエコーをしてもらわなければいけないな。^_^;

Img_0210 駐車料金100円支払い帰ることにする。姉を家に届け、玉村の文真堂へ行き少々時間つぶし。10時半、外は晴れてきて蒸し暑くなってきた。10時50分、帰宅。玄関脇にトイレットペーパーが1個置いてあった。

焼酎が無くなっていたのでカワチへ買いに行く。「秘蔵の扉」、「麦とホップ」、缶チューハイなどを買う。(2332円)

帰宅して4月切れのカップヌードルを食べる。さすがに熱い味噌ラーメンを食べる天気ではない。メールチャックしたらちゆきさんの記事がスポニチに掲載されているという。さっそく近くのファミリーマートに買いに行く。「私の健康法」というタイトルで、「寝だめ」することがちゆきさんの健康法らしい。

13時半からクリント・イーストウッド主演の洋画劇場「白い肌の異常な夜」を見る。昼間見ていいのかしら。^_^;

昨日、東京で下水道工事作業員が雨で増水した下水に流され犠牲者が出た。今まで注意報のときはああする、警報のときはこうするとしていたらしい。でも警報なり注意報は自分で判断するしかない。お上の情報を頼っていたのでは、命がいくつあっても足りない。

« 逆走 | トップページ | 熱中症寸前 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事