« おさらば故郷さん | トップページ | 今日は梅雨 »

グロッキー寸前

昨晩は21時ごろ就寝。1時に目が覚め2時まで蒸し暑さと格闘する。しかし眠れず、ネットを30分くらいする。その後、就寝。目が覚めたら7時。ま、なんとか眠れたな。

朝食後、お茶を飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。戦時下の性被害を訴えていた団体が、取材した映像が趣旨と違うということでテレビ局を訴えていた。それを日経の社員が「nikkei.or.jp」のドメイン名で、「お前達はアホか」とメールした。当然ながら発信者は分り処分されたとか。しかし会社のパソコンを使えば発信者なんかすぐ分かるだろうに。「お前は本当にアホか!」

大分県教育員会の教育長が校長とその妻である教諭夫婦から金品を受け取り、その娘の教員採用に便宜を図った。教育者のすることかな。当然ながら娘は退職だな。

東海と北陸を直結する東海北陸道が全線開通した。着工から32年とか、この道路は観光もそうだが防災上も必要だな。景色がいいだろうな。ま、やまちん車が走ることはないが

昨日から高校野球県大会が始まった。嬬恋高校、がんばれ!

9時10分、とりせんへ買物に出かける。カゴ置き場はまだ一箇所だった。誰かが怪我をしなければ動かないのかな。買物が終わり出ようとしたら、女性が何か紙に書いている。3000円以上のレシートに住所、氏名、電話番号を書けば何かもらえるらしい。やまちんもレシートに書いて箱に入れる。

その後、ららん藤岡へ行く。広場では子供が噴水を浴びていたが、家に帰ったあとシャワーを浴びさせないといけないな。野菜直売所へ行き野菜を買う。

帰宅、暑いので新町図書館へ避難することにする。10時、到着していつもの席につき、藤沢周平の「神かくし」を読む。その後、演劇コーナーを見たら有馬稲子さんの「バラと痛恨の日々」というのがあったので手に取る。「はなれ瞽女おりん」を演じることになったいきさつや、演劇鑑賞団体との関わり合いの部分に興味を持った。「はなれ瞽女ぜおりん」は昭和56年ごろ、松本市民劇場で見る機会があったのに見なかった。本当に残念。

11時半、退出して両水へ行き、缶チューハイや福神漬けなどを買う。(451円)12時、帰宅したら電話が鳴った。「ヤマダ電機ですが御注文の品が入りました」と。20分、ヤマダへ出かける。休みのためか駐車場は一杯だった。カウンターへ行きデジカメを受け取る。一人の女性の制服が違っていた。名札を見たら信販会社の人らしい。「無償で働かせられているのかい?」と聞こうとしたがやめた。^_^;

13時、帰宅。お昼はカレーを食べる。その後、デジカメをいじろう。バッテリーを充電しなくてはいけない。説明書を見たら約2時間5分かかるとのこと。5分、切り捨ててもいいのでは。充電できるまでテレビを見よう、「信州のコロンボ」があったので見る。今回は松本市が舞台だ。どうしても信州、松本、諏訪などの名前が出ると見てしまう。^_^;

« おさらば故郷さん | トップページ | 今日は梅雨 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事