« やはり喧嘩は両成敗 | トップページ | 由紀江さん独立、でも、、、 »

やはり廃業か

昨晩は「格付け」を見て22時半ごろ就寝。1時ごろ目が覚めたがすぐ眠れたようで気がついたら5時。ま、いいか。しばしラジオを聴く。明日はちゆきさんの担当の「走れ歌謡曲」がある。早めに起きなければ。やまちんの投稿も、もしかしたら読まれるかも知れない。(^o^)丿

6時、着替えてカンとビンを捨てに行く。戻って朝食後、コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。船場吉兆、やはり廃業するらしい。そうだよな、牛肉の産地偽装したり、料理の使い回しをしたのでは客は来るまい。失業した人はハローワークへ行くのかしら。行っても「船場吉兆に勤めていました」なんて言えないだろう。窓口の人も来られたら困るだろな。

妹を殺して遺体をバラバラにした兄に対して、裁判所は殺人に対しては有罪、バラバラに対しては無罪を言い渡した。なんで?いくら死体でもバラバラにしてはいけないだろう。今後の判例に悪い例を残したな。

NHKの記者ら81人が勤務中に株取引をしていたとか。誰か気がついていた人がいたと思うのだが、、、。

昨晩の群馬テレビ、「前橋の県道で車と牛が衝突して、牛は現場検証もせずに逃走しました。」とアナウンサーが報じた。笑ってしまいました。(^o^)丿

相撲協会は両横綱に対して注意をしたが、時間はそれぞれ5分間。やる気があるんかい。

Img_6339 昨日買った生キャラメルをなめる。口のなかで溶けるわい。(^o^)丿

Hon02 8時50分、親をデイサービスに出した後、新町の田中眼科へ行くことにする。駐車場は空いていたが中は混んでいた。以前貰った診察カードを機械に差し込み受付番号が書かれたペーパーを引き出す。「やまちんさん、だいぶ前に診察をしていましたので保険証もお願いします」。保険証を出して席で待つ。番号は17番、電光掲示板は3番。だいぶ先だな。由紀江さんの「あなたが輝くとき」を読む。

9時半、名前を呼ばれ検査室へ入る。「駅前の皮膚科の遠藤先生から、アトピーが原因の白内障になる可能性があるので検査をしておくように、と言われたので来ました」と言う。まずは眼圧測定。顔を固定、目に風を送る。フッ、パチ。フッ、パチ。どうしても閉じてしまう。「もう一度」、看護婦さん「子供じゃないんだから」と言うような顔をして言う。仕方ない、我慢する。左目も我慢。

別の測定器の前に座る。「ぼんやりと真ん中の建物を見てくださいね」、こっちは苦痛なし。別の測定器、今度は視力を測る。裸眼で左右とも0.03とか。^_^; メガネだと右1.2、左が1.0、免許証の更新は大丈夫だな。その後、色々レンズを変えて検査をする。検査が終わったので、目に薬をつけて待合室で待つ。なにやら瞳を大きくする薬とか。

座っていたら周りの景色が眩しく見えて来た。外は余計に眩しく見える。10時20分、名前を呼ばれ診察室に入り、検査を2種類してもらう。「白内障の気配は無いですね。三ヵ月後に定期的に来てください」。受付へ行く。「2730円です」、やまちん3030円出したが、受付の女性は300円をつり銭トレイに投げるように出した。「バカやろう、お金をそんな風に出すな」と心に中で言う。患者が一杯来るので天狗になっているんだろ。

退出したが外が眩しい。車の中に入りダッシュボードからサングラスを出す。でもガラスレンズだったので重たくて落としてしまう。レンズを小さめにすれば良かったな。目を細めて危なっかしい運転で出発。

カワチへ行き、サングラスをかけたまま買い物をする。今日はトイレットペーパーがお買い得品らしい。一人一個だったので車まで4往復し、レジを変えて4個ゲットする。汗が出て来た。

帰宅。お昼はどこで食べようか。「藤の」は定休日。仕方ない「翁」に行こう。でも行ったら臨時休業らしい。家に戻ってお昼はカップスターで済ます。^_^;

Cap051 まだ物が眩しく見えるので、DVD「あさみちゆきコンサート2007 青春のたまり場(青山編)」を目を閉じて聴く。

月刊原題4月号掲載の記事によると、「あした」を歌う時に「井の頭壮年合唱団」が舞台に上がり一緒に歌ったとか。でもDVDには収録されていなかった。出来れば映像にして残してもらいたかったな。中野サンプラザでのコンサートも早くDVDにならないかしら。(^o^)丿

« やはり喧嘩は両成敗 | トップページ | 由紀江さん独立、でも、、、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事