« B面? | トップページ | 貯金ゼロ »

「居酒屋の箸袋」という歌

昨晩は22時ごろ就寝。4時ごろ目が覚めラジオをつける。「潮風のメロディ」(南沙織)、「心の旅」(チューリップ)、「星影のワルツ」(千昌夫)、「人生の扉」(竹内まりや)などが流れた。どれも口ずさめる歌だ。今日はガーベラの日とか。

6時、起きだす。雨が降っていたので車でゴミを捨てに行く。帰宅後、朝食。その後、コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。ロシアのプーチン大統領、31歳年下の元新体操世界チャンピオンのカバエバさんと再婚するとか。嘘か真実が知らないが羨ましい。

租税特別措置法の再議決があった場合、ガソリンが前より高い160円前後になるらしい。そんなバカなことがあるかいな。そんな法律はいらんわい。

朝日新聞の「声」欄、政治や事件からみの投稿とかあるが、一つくらいは心が温まる投稿がいつもある。今日も「ふるさとから届いた春の味」というのを読んでいたら心が暖かくなった。(^o^)丿

8時半からNHKを見る。石川さゆりさんがゲスト出演していた。昭和33年1月30日生まれ、やまちんより少し早い誕生日です。デビュー以来のファンです。(^o^)丿 昨年は舞台「歌芝居」で芸術祭大賞を受賞したとか。一度は生で聴きたいな。

Rb09 9時、親をデイサービスに出した後、ZARDを聴きながら台所を拭き掃除する。油があちこちこびりついていた。年末の大掃除だけではいけないな。

ガラス棚も拭き掃除するが黄色いヤニがついていた。親のタンスを覗いたらタバコの箱が出て来たので当然ながら没収する。心臓と肺が悪いのに何を考えているんだ。

お昼はカレーうどんで済ます。その後、一時間ほどお昼寝。さてタイトルの「居酒屋の箸袋」、「あさみちゆきⅢ」に収録されている歌です。

♪箸袋ひらいて さらさらさらと 恋文を書きます♪

♪読んだなら あなたもまた 心を書いてください♪

音をたてて 盃すする くちびるに ふれてみたいと いたずら心

♪にぎやかな 居酒屋の片隅で 若い女と 大人の男♪

♪短歌もどきを やりとりし ああ 都会の夜はふける♪

阿久悠さん作詞の歌です。「歌は3分間のドラマ」と言われていますが、情景が目に浮かぶようです。女性とカラオケのやりとりはあるが、こんな風に箸袋に短歌を書いてやりとりしたことはありません。この歌のように粋な出会いはないかしら。^_^;

今の歌番組、やや高齢者向けにはNHKの「歌謡コンサート」、若い人向けにはテレビ朝日の「ミュージック・ステーション」などがあるが、やまちんのような年代が見る歌番組が残念ながら見当たらない。どこかの放送局で製作してくれないかな。

« B面? | トップページ | 貯金ゼロ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事