« 忘れていた | トップページ | 今日もボケている »

2日分の日記

それにしても昨日の15時から本日の10時まで、21時間も連続でメンテナンスをするかなあ。お陰で昨日はたった2行でおしまいだった。

25日の日記

5時に目が覚めラジオを聴く。6時、起きだしてゴミを拾いながらゴミを捨てに行く。冬の間は前日の夕方捨てていました。なんせ朝は寒かったので、、、。

Img_6121 6時の浅間山方面。霧が濃いです。

Img_6122 9時の浅間山方面。霧が晴れていました。

9時10分、ファミブへ出かける。20分到着して列に並ぶ、すでに20人くらい並んでいた。25分位からリュックを背負ったお兄ちゃんかオジサンかわからない男性が前の方に歩みだした。まさか割り込みはしないだろう。30分、ドアが開いてその男性、悪びれる様子もなく割り込んで店内に入ろうとした。「こら、うしろに並ばんかい!」(菅原文太風に)、と言おうとしたが、刺されたら叶わないのでジッと耐える。

Takurou2000 店内に入り邦画コーナーに行く。「めがね」は貸し出し中、なんで1本しかないのよ。ちょっとプンプン(玉緒風に)。前日メモをしていたDVD「サッド・ヴァケーション」、「鴨とアヒルのコインロッカー」をカゴに入れる。CDコーナーへ行き吉田拓郎ベストを借りる。ZARDと中ノ森バンドは次回借りよう。

ハローワーク藤岡へ行き求人情報を見る。いい案件はあるにはあるが、、、。イトーヨーカ堂藤岡店へ行き、トイレットペーパーを買う。4個欲しかったが両手では持てないので2往復する。(278*4=1112円)

投資信託の一部を解約したいので、群馬銀行新町支店へ行く。店内に入ったら窓口二つが埋まっていた、仕方なく近くのセブンイレブンへ行きグラビア雑誌を見る。10分くらい見て再び群馬銀行新町支店へ行く。窓口は空いてはいたが、誰もいない。1分くらい立っていたが、誰も気がつかない。というか気がついているのだが、気がついていないフリをしている。

隣にいた融資係りの男性に「投資信託が分る人を呼んで」と声をかける。仕方なさそうに奥にいる店員さんに伝える。それでも来ない。しばらくして女性店員が「今日はお客さんが多く来ているので、、しばらく待っていただけるようでしたら」と言った。こっちはだいぶ待っているのだ。「また来ます」と行って退出する。

Img_6124 今日はカワチで特売日だよな。行ってみるか。今日はティッシュとブルーダイヤが特売とか、ここも2往復しする。ついでにヨーグルトも買う。(1888円)

11時20分、帰宅。お昼はパンとシチューで済ます。

13時、群馬銀行新町支店へ行く。今度はちゃんと受付をしてくれた。3つある投資信託の一つを一部解約する。係り「何にお使いですか」、やまちん「生活費に充てます、でも言わなければいけませんか」、係り「はい、決まりですので」。やまちん「銀行にあるお金はやまちんの金だ、ただ銀行に預けているだけなのだ。勘違いするな。」と言おうとしたが断念する。クレーマーリストに掲載されては叶わない。

解約手続きをしてもらう。「今は円高ですので買うのにはいいですが、売りは損をするかもしれませんね。でもやまちんさんは、、、、」。その後の会話は秘密です。^_^; 来週、口座に振り込まれるとのこと。

13時50分、帰宅。その後、DVD「サッド・ヴァケーション」を見る。浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、中村嘉津雄、板谷由夏、オダギリジョー、光石研、辻香緒里、川津祐介、嶋田久作、とよた真帆出演。

Sv2 北九州で中国人の密航を手伝っているケンジ。ある日、密航者の中に子供がいて自分が引き取ってしまう。中国人ブローカーにばれてしまい、その子供と預かっているユリと三人で逃げることになる。
ふとしたきっかけで自分を捨てた母親がいる運送会社に勤めることになる。そこには訳ありの従業員たちがいた。

「この世に偶然は無いよ。会うべき人には必ず会う。そういうもんだよ」

主人公のケンジに、医師資格を剥奪され運送会社に勤めている男が言うセリフ。そんなものかしらね。

何かの映画祭で石田えりさんが賞をとった作品。冒頭30分は退屈だったが、それ以降は退屈することは無かった。

26日の日記

昨晩はラジオを寄席を聴き、22時ごろ就寝。夜中に夢を見た。新前橋で同級生のT君と飲み会。会が終了して新前橋駅までタクシーで行き、タクシー代3000を支払う。財布の中には細かいお金しかない。藤岡まで1010円、キップを買おうと細かいお金をコイン投入口いれてボタンを押そうとしたが、その機械はタバコの自販機だった。あわてて返却レバーを押してお金を取り戻して窓口へ行く。二つある窓口は一つ埋まっていた、空いている窓口へ行き、キップを買おうとしたが電車が出てしまった。そこで目が覚める。今日も疲れる夢だわい。

5時半に目が覚め6時半起きだして朝食。コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、テレビを見たり。能登半島地震から一年が過ぎた、偶然か一昨日見た「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のロケ地は被災地の輪島市、能登町だった。

栗山千明さんが7月7日からの舞台「道元の挑戦」 に挑戦する。見てみたいなあ。ちーちゃんは顔の輪郭がはっきりしているから、舞台栄えがするだろう。

茨城県の通り魔殺人事件、駅で張り込みをしていた捜査員には無線機が配備していなかったらしい。携帯で連絡をすれば済むと思っていたとか。

でもね(長山洋子風に)、携帯で相手と連絡するには約20秒くらいはかかる。その間に犯人は100Mくらいは移動してしまう。捜査本部は刑事ドラマや刑事映画は見ないのだろうか。何かあったときはみんな耳に手をあてていたぞ。県警本部の人は「残念至極」と言っていたが、そんな事を言う前に被害にあった人たちにお詫びするのが先だろうが。

Img_6129 10時、ファミブへ行くことにする。その前にカワチへ行き特売品のトイレットペーパーを買う。しかし「お一人様1点限り」だったので、4往復して買うことにする。分らないように2番レジ、4番レジ、1番レジ、6番レジを使う。(1192円)

ファミブへ行き「サッドヴァケーション」を返却、「めがね」はあるかな、と思ったらまだレンタル中だった。

Img_6128 一旦帰宅。10時50分、「広ちゃん飯店」に行こう。利根川を渡り、最初の信号を右折して田圃道を走る。がいつも通り迷子になり大通りに出る。しかたなく公田の交差点を左折、「広ちゃん飯店」の看板があったので左折すると、突き当たりで門を開けている人がいた。ここが「広ちゃん飯店」かな、やまちん「もうやってますか」、店員「はい」。あまり広くない駐車場に車を停める。

Img_6126 11時5分、店内に入る。当然ながら客はまだやまちん一人。予定通りチャーシュー麺を注文する。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ほうれん草。スープは昔ながらの味、ほっとするような味です。腕の良さそうな料理人がテキパキと動いていました。それを見ていたら他の料理も食べたくなりました。(^o^)丿

11時35分、帰宅。

Ak1 13時からDVD「アヒルと鴨のコインロッカー」を見る。

さて租税特別措置法が3月末で切れそうだ。ガソリン代は安くなるが、やまちん車のメーターはまだ3分の2ある。入れ方が間違えたかしら。^_^;

は~あ、さすがに手が疲れた。^_^;

« 忘れていた | トップページ | 今日もボケている »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事