« 確率 | トップページ | やまちんが恋した声 »

惜春

昨晩はヤクルト大敗のニュースを聴いて就寝、6時に目が覚める。ラジオからは「さらば涙といおう」、「遠くで汽笛を聞きながら」が流れてきた。懐かしい。

6時半、着替えてゴミを拾いながらゴミを捨てに行く。外は暑くもなく、寒くもなく過ごしやすい。冬はすでに去り、春ももうすぐ過ぎ行く。そんな感じのする朝です。

Sekisyun 昭和52,3年ごろだったか五木ひろしさんの歌で「惜春」というのがあった。歌詞、曲が気に入りレコードを買った。

♪林檎の木の下 泣いてた君は とける雪より きよらな瞳♪

♪ふるさとよ ふるさとよ 忘れられない 思い出がある♪

♪呼べばせつない 人がいる♪

この歌も聴いていると涙が出てしまう。^_^;

朝食を食べながら「朝ズバ」を見る。今日も根本さんは元気な笑顔、みのさんはおとなしい。一昨日、アメリカの大学で銃の乱射事件がありそれを報道をしていた。アメリカの放送局が犯人のビデオを流していたが、遺族から反感を買ったという。その映像を日本のテレビ局も流していた。遺族ではないにせよ、映像を流すということは犯人の思うつぼではないか。

ヤクルトが大敗ついでに監督の古田が、審判に暴言を吐き退場されたらしい。泣きっ面に蜂だわい。

親をデイサービスに送り出し、新聞を読む。金精峠が開通したらしい、中学2年の時の修学旅行で日光に行った帰りに金精峠を越えたことがある。でも自分の運転では越えたことがない。手前の菅沼までは仕事で何回も行ったことがあるが。

志賀草津ルートも本日開通しテレビでその模様を放送していたが、雪の回廊を走る意味があるのかしら。景色も見れないのに。

上毛新聞の経済欄に「栞で「日帰り温泉」PR」と題する記事があった。伊香保温泉で日帰り入浴ができるのは、日帰り専門の「石段の湯」と「露天風呂」と10の旅館だけ。それをアピールするらしい。でも10の旅館とは少ないな。昼間の時間帯は空いているのだから、観光客に開放すればいいのにな。でも丸本館だけはそっとしておいてほしい。あんないいお湯は誰にも教えたくない。

今日は郵便局の人が来る日だ、午前中に来ると言っていたが11時現在まだ来ていない。

11時20分、やっと到着。満期金と健康祝い金の計50万が下りるらしい。身分証明として健康保険証を提示したが、「免許証ではダメなの」って聞いたら「男女の区別がつかないから使えないとのこと」。途中で男女が入れ替わると保険料が変わるらしい。知らなかった。

11時40分、群馬銀行新町支店へ行き生活費を下ろす。窓口に新人らしき人と同級生のNさんが座っていた。ご苦労様。

帰宅したら郵便物が来ていた。面接をしてくれた会社といつものカタログだった。当然ながらその会社からの封筒を開ける。「面接の結果につきまして慎重に審査いたしましたところ、まことに残念ながら今回はご希望に添いかねることになりました」と書かれていた。前回の「採用をいたしかねる」に比べればいい表現だ。(感心してる場合ではない)

いい雰囲気の面接だったので、少し凹む。ま、次があるさ。今晩は(も)お酒を飲みたいが、昨晩飲んでいるので明日にしよう。これで来月の由紀江さんのコンサートに行けそうだ。その会社は隔週の土曜日が休みだった。いいんだか、悪いんだか。

いつものHなカタログを見る。見ていたらさっきの不採用通知の事は忘れていた。(^o^)丿就職支援会社へは「砂時計」を見てから連絡を入れよう。

昼食後、13時から「砂時計」を見る。20分、就職支援会社から電話が入る。もう少し待てばこっちから入れたのに。面接の結果を知らせる。

13時30分、読みたい記事があったのでフィールへ行き、本屋さんで立ち読みをする。読みたいのは本田美奈子さんのお母さんのインタビュー記事だった。最期は医者が「楽にさせてあげましょう」と言ってモルヒネを打ち、眠るように亡くなったという。この人も何百万に1人の難病だったという。運が悪かったという言葉は家族には通用しないだろう。

ファミブに行きDVDを見る。「硫黄島からの手紙」が今日からレンタルされているらしいが、邦画コーナーには見当たらない。あ~、そうだ洋画だったわい、棚には3本残っていたが3泊になったら借りよう。

Kurasikaru01 販売CDコーナーでは本田美奈子さんの「クラシカル・ベスト」というのがあったので買う。(2626円) 今回は「AVE MARIA」のPV、「新世界」と「つばさ」の映像がDVDとして付いている。収録曲はすでに購入したCDに入っていたのだが。

帰宅後、そのCDを聴く。

土日に群馬の森公園でクラフト展がある。日曜日は天気が悪くなりそうなので明日行こう。(^o^)丿

« 確率 | トップページ | やまちんが恋した声 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事