« 光が来た | トップページ | 行きてえなあ、銀山温泉 »

青春の光と影

数年前からJTの企業イメージCMに使われている曲。映画の主題歌だったかな、まだ見てはいないがやまちんが好きな映画音楽の一つです。

たばこのCMでも使われた曲はなかなかいいのがある。古澤厳のチェロとかマイルドセブン・エクストラ・ライトで使った「セイリング」、パートナーの梓みちよ「よろしかったら」など、集めてCDにすればいいのにとずっと思っている。発売されたら買っちゃうな。

昨晩は「さんま御殿」を見て就寝。5時半まで熟睡してしまった。

6時半まで布団の中でゴソゴソ、着替えて古新聞とペット・ボトルを捨てにゴミステーションへ行く。

朝食後、「みのりくらぶ」を見ていたら「群馬の食材がおいしいお店」という記事に伊香保温泉・ぴのんの食事処「夢見亭」さんが紹介されていた。自分の知っているお店が紹介されている記事を見るとうれしい。伊香保にいったならば是非立ち寄って欲しいお店です。

7面に「厳選美味!読者プレゼント」というのがあったので、「おすすめ商品の詰め合わせ」を選択して出そう。

8時45分、群馬銀行新町支店へ行くことにする。お金を下ろし、両替をしようと思ったがまだ時間前。真ん中のATMにいた男性がうろたえている。やまちんが移動したら「使えますか」と聞いてきたので「使えますよ」と返事をする。真ん中のATMはやまちんとは相性が悪いので使用しない。他の人もそうかしら。

外に出て、しかたなく車に戻り開店を待つ。5分くらい前になったら女性行員が通用口から入っていった。もっと早く出勤しろよ、5分前だったら何かあったら間に合わんだろ。自覚が足りん。

時間つぶしに近くのセブンイレブンへ歩いて行く。本のコーナーでちーちゃんが表紙の週刊ポストを見る、中の記事には興味が無い、表紙のちーちゃんにしばし見とれる。うふ。お酒のコーナーを見る。棚には「八海山」の本醸造が、ウイスキーのコーナーには余市があった。ちょっと嬉しい。

9時5分、銀行に戻る。両替をして出て帰宅をする。通用口では男性行員の方がたばこを吸って立っていた。現金輸送車の警護かしら、でもたばこを吸っていたんではスキだらけだ。こんな行員は警護の役には立たない。

旧道を走っていたら旧カネボウ跡からピッタリくっついて来る女性運転の車があった。意地悪してブレーキを踏んで脅かしてくれた。その車、センターラインが黄色なのに追い越して行った、いつか捕まればいい。というか大きな事故を起こさなければ分らないだろう、スピード違反がどんなに愚かな行為が。

親をデイサービスへ送り出し、上毛新聞を読む。「温泉と県産食材 一泊二日で満喫」というタイトルで伊香保温泉・洋風旅館「ぴのん」の記事があった。

県内の食材を朝夕に使い、温泉に浸かり、専門の講師を招きウォーキングや呼吸法を学んでもらおうとするツアー。伊香保は坂道があり歩くには少しきつい、でもそれを生かす方法があるとやまちんが思っていた。この企画はまさにビンゴ。冬はつらいがこれから春、夏、秋と続けたらいい。やまちんも参加したいなあ。でも伊香保は行ったばかりだし。^_^;

伊香保は今は渋川市、市内の総合運動公園の南側に東西1キロの坂道があるという。先日、東京マラソンをラストランにした有森裕子さんが、自分の弱点を克服しようとこの坂道でトレーニングをしたらしい。今は「有森ロード」と呼ばれて市民には親しまれているとのこと。上毛新聞「三山春秋」からの情報です。(情報源は明らかにしないと、何処かの新聞社のようになります)

やまちんも暖かくなったら行ってみよう。

10時10分、ファミブへ行くことにする。ジョアン・アレン、ケビン・コスナー共演のDVD「ママが泣いた日」を借りる。CDコーナーを見る、「BESTYO]は貸し出し中、残念。

ナツメロのコーナーを見る、「俺たちのフォーク」という2枚組のアルバムがあった。曲目を見たら中山千夏の「あなたの心に」、拓郎の「結婚しようよ」などがあった。「ふ~ん」と思って他の曲を見たら、ペニー・レインの「夏まつり」があった。

ペニー・レイン、女性三人組みのグループ。「知る人ぞ知る、知らない人は知らない」というマニアしか知らないグループ。(?)昭和56,7年ごろ、松本にいた時に同僚からLPを借りてテープにダビングをした記憶がある。

そのCD、思わず手に取りレジへ行ってしまった。計724円、ファミブは高いよなあ。

イトーヨーカ堂藤岡店の駐車場に車を停めてハローワーク藤岡へ行き、求人情報を見る。新町のデイサービス・センターで事務員を募集している。ここは同級生が経営している所かしら、検討しよう。今日は求人のペーパーは無かった。

車を出して通りに出ようとした。八高線の踏み切りからイトーヨーカ堂藤岡店まで工事をしている。女性運転の車が誘導員を無視して出ようとしている、というか前方無視で轢きそうになっていた。誘導員さんは大変だ。いくらもらっているんだろ。

フレッセイ新町店へ行き、ぐびなまを買う。

11時20分、帰宅。今日は立石のスパゲッティ屋は金券半額バックの日、行かなくては。自転車を出そうとして、ふと携帯が気になった。着信を見たら就職支援会社から9時55分に電話が入っていた。その時間は家に居たが携帯は2階に。家でも携帯しろよな。

就職支援会社へ電話をしたら担当の方は接客中とか、13時に電話をすると言って切る。

Img_3955 11時40分、スパゲッティ屋に着き、スパゲッティ・ランチを注文する。(719円) 今日は「海老とあさりの和風味」。

12時10分、店を出る。

13時、就職支援会社へ電話をする。先週紹介された案件は既に40歳の方の内定があったという。紹介された時点で申し込みをすればよかったかな。これが幸だったか不幸だったか分らない。ま、焦らず焦らず。

その後、DVD「ママが泣いた日」を観る。夫が若い女と一緒に出て行った、家に残ったのは妻と4人の娘。悲しい話なのだが、見ていてクスクスと笑う場面が多い。

主役はジョアン・アレン(ニクソン、君に読む物語、フェイス・オフ、ボーン・スプラマシー)、ケビン・コスナー。4人の娘の1人にエリカ・クリステンセン(トラフィック、フライト・プラン)。他の3人も近いうちに他の作品で見るだろう。

Img_3958 観終わり、「俺たちのフォーク」を聴く。やはり一緒に歌ってしまった。(^o^)丿

さて、「崖っぷち犬」のあと、「ワイヤー犬」が話題になっていた。イノシシの罠にかかったらしい。観ていて痛々しい姿だった。地元の保健所では捕まえるために苦労したと報じていたが、果たしてそうだろうか。いくら犬が走っても片足だ、簡単に捕まえられるだろう。公務員と言うわけではないが、要するに真剣さに欠けているのだ。

「崖っぷち犬」で思い出した、昔女性タレントで「崖っぷちトリオ」というのがあったな。「もう後がない」と言う意味だ。香坂みゆきと坂上とし恵とあと誰だったけな。

Img_3954 一昨日の17時半頃の浅間山です。明るくなったって事でしょうかね。

« 光が来た | トップページ | 行きてえなあ、銀山温泉 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事