« メグちゃん、敗れる | トップページ | アイ・アム「ケイ・イガワ」 »

良かったね

開催が危ぶまれていた夕張市の成人式が、運営委員の熱意のある活動が実り無事に和やかに行われたとのこと。テレビでその笑顔を見ていたらこっちも嬉しくなりました。

高崎市でも行われたがヤジを飛ばしたり、演壇に上がろうとしたばか者がいたという。もうそんな行為は流行らないってことを知ってるのかな。群馬県人として悲しくなりました。

さて昨晩19時ごろ救急車のピーポーが聞こえた。段々近づいてくる。音が止まった、外へ出てみると隣の夫婦に家の前に停まった。隊員が家の中に入り、ご主人が担ぎ出されてきた。意識はありしゃべることも出来た。奥さんに聞いたら突然倒れたらしい。

近くの病院がいいのだが前橋日赤と他の病院しか脳外科の専門家はいないらしい。結局、前橋日赤に搬送されるとのこと。奥さんが付き添いで乗った。やまちん、既にお酒が入っていたので「明日の朝迎えに行きます。」と言って送り出す。

翌朝、5時に起きて支度をする。飲んでもらおうとコーヒーを水筒に入れる。

5時半、自宅を出て前橋日赤へ向う。お腹が空いているだろうと思い、途中のローソンでサンドイッチを買う。時間が早かったのでスイスイと走る。

6時少し前に前橋日赤に到着。駐車場に車を停めて夜間入り口に向う。館内に入り受付でご主人の様子を聞くと「検査を終えて23時ごろ帰りましたよ」と返答があった。事態は深刻では無かったようだ。

駐車場に戻り車を出す。駐車券を機械に入れる、30分以内であれば無料とのことだったので0円の表示。

日赤入り口の交差点で信号待ちをする。信号が青になったので発進しようとしたら、左から進入しようとした車があったので思い切りクラクションを鳴らした。近所の方、ご免なさい。

その車が停車して発進しようとしたら、別の車が進入しようとしたので再びクラクションの出番。近所の方、ご免なさい。信号を見てないのかよ。朝早いから、信号無視してもいいと思っているのかな。そんなドライバーは事故に遭ってケガをしてしまえ。やまちん、思い切りプンプン。

2台の車にガンを飛ばして交差点に入り、その次の信号を左折して南下する。東の空が明るくなってきた。わずかだが、、、。

帰宅し水筒のコーヒーを飲みながらサンドイッチを食べる。

7時少し前、NHKの「ホリデー・インタビュー」という番組があった。沖縄の歌手の方をインタビュー、番組中に由紀江さんの「1月27日」という曲が流れて来た。朝からいい気分。(^o^)丿

7時半、隣の奥さんが来た。ご主人は昨晩ストレッチをしていたら倒れたとのこと、単に貧血だったらしい。24時ごろ帰ったのだが、こちらが電気も消えていたので連絡をしなかったとのこと。重病でなくて良かった。

部屋に戻り「犯罪同盟」を読む。体が痒いので「メンソレータムAD20」というのを塗る。この痒み、なんとかならんものか。乾燥する冬場はつらい。

お昼、味噌煮込みうどんを作る。汗が吹き出る、おほほ、美味しい。(^o^)丿

午後、再び「犯罪同盟」を読み終わる。また売りに行こう、100円かな。

Jyukietukiiro 午後のひととき、「1月27日」が収録してある「月いろのつばさ」を背中を丸めながら聴いています。(^o^)丿

他のアルバムに比べ、エレガントさを感じさせる内容です。なんてね。^_^;

それにしてもこの「1月27日」をBGMに使うなんてマニアだ。

議員特権コンクールというのが行われているらしい。議員といえど公僕、支出されているお金は公金である。地元藤岡ではどんな特権があるか、地元選出の市議に聞いてみよう。

さて昨日の朝日新聞の「人」のコーナーで、女性映画監督のイサベル・コイシュさんが紹介された。やまちんが以前見た「死ぬまでにしたい10のこと」の監督だ。今度の作品は内戦で心身共に傷ついた女性を描いた作品らしい。題名は「あなたになら言える秘密のこと」、たぶんシネマテーク高崎で上映されるだろう。見なくては。

« メグちゃん、敗れる | トップページ | アイ・アム「ケイ・イガワ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事