« さて、出発 | トップページ | やまちんの一人旅、大沢館編(13日) »

やまちんの一人旅、大沢館編(12日)

HPのページがもう使用できないのでこちらでアップ。

10時27分発の八高線で出発。(200円)高崎駅で大沢行きのキップ(3690円)を買う。その後、就職支援会社へ行き求人情報をチェックする。Mさんが来て履歴書を書いている。もうハローワークへ行って応募しているらしい。

Img_3337 駅前のローソンでサンド(210円)を買い駅へ行く。新幹線のコンコースにあるトイレに行ったら、お酒のおつまみだろうかレジ袋にいっぱいの包みがあった。忘れた人は他の人に怒られるだろうなあ。ご愁傷さま。

待合室で待っていたら、学生が「上島だよ、ダチョウだよ」と言って出て行った。振り返って見ると赤いジャンパーを着た小太りの男性が女性を連れて改札の方へ歩いていった。高崎で悪さでもするのかしら。高崎には赤ちゃんパブは無いぞ。

12番線、12時53分の新幹線「たにがわ」に乗る。2号車に乗るが乗客はやまちん1人。終点が湯沢だからな、席を探す手間が省けていい。(^o^)丿

Img_3338 13時24分、湯沢に到着。待合室で時間をつぶす。壁には上越新幹線開通の歴史がわかるパネルが貼ってあった。

Img_3344 時間が来たので上越線のホームへ行く。窓の向こうに谷川連峰が見えます。14時23分の長岡行きの電車に乗る。14時34分、大沢駅に到着。駅には大沢館の送迎用のボンゴバンが来ていた。年配の夫婦も一緒に乗って大沢館に行く。

Img_3356 ボンゴに揺られて5分、いつもの大きな門がお出迎えです。これから二日間、何して遊ぼうかしら。うふ。

門に置いてある焼き芋をほおばりながら、フロントに行く。「スタンプ帳をお願いします」と言ったつもりが、「ふふぁんふぉふぉふぉ、ふぉふぇふぁふぃふぃふぁふ」と言っていたようだ。恥ずかしい。^_^;

Img_3347 部屋は2階の「菊の間」。窓を開ければ女風呂が見えます、見るつもりは無いが、、、。ただ、どこもそうなのだが女風呂の写真が撮りたい。

Img_3350 その後、囲炉裏へ行き焼きおむすびを焼く。サンド1個ではやはり足りない、確かに足りない。

Img_3351 焼きあがるまで時間があるので、甘酒を飲みに行く。もちろん「ご自由に」と書いてある。(^o^)丿

Img_3352

田楽も食べる。これはいくらでも食べられるな。とりあえず2個食べる。その後、囲炉裏へ戻りおむすびを食べる。(^o^)丿

Img_3362 その後、露天に「はあ~、ふう~」言いながら入る。いつもながら此処のお風呂は気持ちいい。あまり寒くはない。出るまで貸切状態。(^o^)丿

Img_3379 夕食までビールは我慢しようと思ったが自販機を見ていたら我慢できなくなったので買う。(350円) 囲炉裏の火を見ながらしばし飲む。今日は泊り客が少ないのか誰も囲炉裏には降りてこない。残念。

16時20分、一旦部屋に戻る。17時20分、浴衣に着替えて露天、内風呂に入る。

Img_3395 18時、フロント横の食事処で食べる。夫婦2組とやまちんだけ。別館には3組くらい客がいるようだ。

Img_3396 コップは「いぐさ」のシートが巻いてあって、ビールに熱が伝わらないように工夫してある。これはうれしいサービス。(^o^)丿

Img_3398 ビールも温かくならないように、桶に氷が並べられていた。これもうれしいサービス。(^o^)丿

大沢駅で一緒に乗った夫婦が、なにやら噛みあわない会話をしていた。ちょっと可笑しかった。

部屋に戻り9時に寝る。

« さて、出発 | トップページ | やまちんの一人旅、大沢館編(13日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事