« 12月中旬の寒さ | トップページ | ある挑戦 »

忘れ物あり

Simon01 昨日、紫文&東京ガールズ、前橋ライブに同級生のSさん、K君、S君とやまちんの4名が参加して来ました。

Sさんは着物姿で参加。女性の着物姿はいいですねえ。帯を解きたくなりました。^_^;

最初はガールズの「さのさ」や賑やかなネタ、その後は紫文の三味線芸、長谷川平蔵「市中見回り記」.、ネタは薬売り、唐辛子屋、乾物屋、飛脚屋、蕎麦屋そしてやまちんお気に入りのどらえもん。そして「応挙の幽霊」と続いた。。ラストは紫文とガールズの競演の賑やかな三味線芸。今回は2時間で収まりました。^_^;

Img_3174 打ち上げは前橋市大友町の「二升五合」で開催。主催者6名と紫文とガールズの小糸さん、小寿々さん、小梅さんと応援のちか子さん、KとS君とやまちんが参加。

写真は紫文です。

Img_3176 手前から小寿々さん、小梅さん、小糸さん。

Img_3175 応援のちか子さん。

Img_3183 紫文やガールズの方からバッジを頂きました。

本来、打ち上げはお客さんが話の中心になるものですが、今回はK君が主役になってしまいました。

中学の時、悪がき共が犬の○ンコを見つけた。それに爆竹(ダイナマイト)を仕掛ける遊びをした。火付け役ならぬ発破係りは紫文(火付け盗賊改め方)になり、逃げ遅れて○ンコが体に着いたという話など。その話以来、紫文は「発破長」と呼ばれていました。

そして長時間、話の中心になったのはK君が話す「M君」にまつわる色々な話。運動会の時、一年四組は全員リレーで一位になるため800リレーは捨てた、その発案者は紫文。そしてそのアンカーにM君がなった話など。

会場が盛り上がり、みんなM君がどんな人なのか実際に逢ってみたいと思うようになってしまっていました。

Img_3187 今回、皆さんの届いたハガキのイラストを描いた人は席亭さん、お土産に頂いたいぐさで造られたコップ敷きは席亭さんの弟さんが造られた。また参加者にはパチンコ台のイラストを描いている人もいたりしてそれぞれ興味ある話になり盛り上がりました。

人との出会いは楽しいものだ。

今朝は5時半に起床。一時間くらい由紀江さんの「ベスト オブ ベスト 20ソングス」を聞きながら過ごす。

朝食後、前橋市総社に出かける。就職支援会社から紹介された会社がどんなところにあるか確認しに行く。

9時に自宅を出て9時45分に到着。通勤時間帯だったら一時間くらいかかるかしら。駅に行き時刻表を見たら群馬総社着は7時24分と8時1分。早すぎたり遅刻したりしてしまう。

長続きしないようなので今回は見送ろう。

Img_3178 来たついでに近所の「湯の道 利休」へ行くことにする。6時間で580円とのこと。

内湯の温度は41度に設定してあって入りやすい。露天の一部は43度、長湯は出来ない。その後、中温サウナに入ったりスチームに入ったりして過ごす。

10時50分、脱衣所で着替えていたら老人がロッカーキーをなにやらいじっていた。長くその状態だったので「どうしたのですか」と聞いてみた。カギを出せないでいるらしい。やまちん、カギを出してやった。

その老人、また何やらリストバンドの丸い突起をいじっている。見かねたほかの男性がロッカーの開け方を教えた。

その教えた男性がやまちんに近づき「千湯でお会いしていますね」と話しかけてきた。やまちん、その時は思い出せなかったが後で気がついた。

その後、休み処で新聞を読む。向こうの席で本を読んでいる男性がいた。別の男性が入ってきて「本を読むために電灯を点けるな、休めないではないか」とクレームをつけた。

電気をつけていても休めるよね。ここはテレビの音とBGMの方が迷惑だ。

その男性は怒ってマクラを部屋の端っこに投げつけた。その男性に投げなかったのはいいことだ。その後、男性は受付で大声で怒鳴って帰って行った。

ただ、電灯のスイッチがあるということは電灯をつけてもいいことだと思う。本を読んでいた男性は間違っていない。クレームをつけた男性が悪いと思う。お互いを尊重しあうことが大切だ。

その後、また一風呂浴びて退出する。

Img_3179 昨晩、騒いだ「一升五合」へ忘れ物のジャンパーをもらいに行く。来たついでにランチを注文する。「倉渕豚の生姜焼き・温玉セット・ドリンク付き」(850円)を頂く。お店の人も愛想が良く美味しかった。前橋に出た時はここに寄ろう。

温玉、今度作ってみよう。

Img_3180 コーヒーは量も多く美味しかった。

« 12月中旬の寒さ | トップページ | ある挑戦 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事