« 列車の旅もいいかしら | トップページ | 夢、幻の如く »

岐阜を笑えない

朝は涼しいのだが、昼間の日差しはまだキツイです。

未明に寒くて目が覚め、しばらく眠れませんでした。

朝食後、就職支援会社へ行きマクロのお勉強を2時間ほどする。この時期、さすがに元同僚と顔を合わすことは無くなった。

11時半、退出し中居町のプラージュに散髪に行く。前回と同様にヘアスタイル写真を見せ、「これでお願い」と言って席に着く。ついでにシャンプーもお願いする。

12時半帰宅し、着替え近くの千湯へ行く。今日も白のエスティマが停まっている。お風呂に入り、生&喫煙&昼食タイム。本を読んだりMDを聞いたりしながら時間を過ごす。ここも以前に比べお客が少なくなったような気がする。

従業員の女性が休憩を座敷で取っている。テレビをつけたが他の1台と競うように音量を大きくした。テレビを見ない客にはいい迷惑だ。従業員なんだからお客に気を遣って欲しい。

フィービー・ケイツ(?)主演の「青い珊瑚礁」のような映画がテレビで放送されていたので見る。

15時半、千湯を出る。

さて、岐阜県庁の裏金が話題になっているが群馬県でも過去同様の裏金支出があり、職員からの返納金3億7千万円が9年間放置されているとのこと。

窓口であった県の総務課長さんが担当だったらしいが、引継ぎ引継ぎでそのまま案件を放置していたらしい。

裏金といえど背任横領である。公務員らしいといえばそれまでだが、、、。

« 列車の旅もいいかしら | トップページ | 夢、幻の如く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/11771450

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜を笑えない:

« 列車の旅もいいかしら | トップページ | 夢、幻の如く »