« 天まで届いた | トップページ | 勲章なんか欲しくない »

Gメンよ永遠に

未明に目が覚め2時間くらいうつらうつら。お陰で6時半まで寝てしまいました。^_^;

9時10分、神川町の「かんなの湯」(旧アカシアの湯)に行くことにする。

Img_2803 9時35分、「かんなの湯」に到着。車はやまちん以外は一台しか停まっていない。確か9時半からなのに。ちょっと不安。

恐る恐る玄関に入る。「もういですか」と係りの人に聞く、「いいですよ」と返答。会員申込書に必要事項を書き込ん、ポイントカードをもらい受付へ行く。980円支払いお風呂場へ。位置口近くの岩盤浴受付で10時半からを予約する。

脱衣所で着替えお風呂へ。基本的には配置は「アカシアの湯」と変わらない。泉質は特徴がない。多少ヌルヌル感がある程度。

洞窟風呂が一番居心地がいい。温度も60度、ちょうどいい。一通り入り廊下で待つ。

10時半、岩盤浴室に入る。通路と寝るところが段差になっていてつまづいた。ひとこと言ってよね。時間が早かったせいか3人しかいない。25分汗をかく。

Img_2804 岩盤浴が済み、再び浴室で汗を流す。

11時、だいぶ人が入ってきた。大広間でラーメン(500円)を食べるが旨くも不味くもない。普通のラーメンでした。しばし本を読むがテレビの音量がでかいので移動する。

たばこを吸おうと外のデッキに出ようとしたがサンダルが無い。係りの人にサンダルをお願いしたら「素足でも大丈夫ですよ」と言われた。そんなことはわかっちょるわい。足が汚れるでしょうに。

体が冷えたので又お風呂にはいる。14時まで滞在する。

さて、俳優の丹波哲郎さんが亡くなった。「キイハンター」や「Gメン75」でボス役を演じていた。やまちんは「砂の器」での今西刑事が印象に残っている。

粘り強く犯人の和賀(加藤剛)を追い詰めていく姿がラストでの感動を呼んだ。

吉村刑事「今西さん、和賀は父親に会いたかったんでしょうね」

今西刑事「そんなこと決まっておる。彼は今、父親と会っている、音楽の中でしか会えないんだ」

ラストはそんなセリフだった。

合掌。

« 天まで届いた | トップページ | 勲章なんか欲しくない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/12047068

この記事へのトラックバック一覧です: Gメンよ永遠に:

« 天まで届いた | トップページ | 勲章なんか欲しくない »