« 今日も元気だたばこが旨い | トップページ | 危機一髪 »

なんなんだ~、あの涼しさは。

今朝は4時半起床。パソコンを起動させ5分ほど見てまた寝る。目が覚めたら6時を少し過ぎていた。あわててゴミを捨て朝食を取る。

今日は暑さがぶり返すとかで片品へ避難することにする。

7時、水筒にコーヒーを入れ出発。前橋、渋川経由で子持村を目指す。

8時、道の駅「こもち」に到着。駐車場に車を入れようとするが、矢印どおりに走らない車がいる。どこに目が付いてんだい。ぶつかるがな。

10分ほど、コーヒー&1服する。風がやや涼しい。

子持を出発。永井食堂の前を通る。ここは13時半ごろ来よう。沼田市内を通り川場村を目指す。

Img_2706 9時、道の駅「かわば」に到着。15分ほど、コーヒー&1服する。ここは関東の道の駅では人気NO1とか。ちなみにららん藤岡は2位らしいが、誰が投票しているのかしら。

Img_2707 舗道にはお馬さんがポッコポッコ歩いていました。こういう光景を見るとのんびるするなあ。

休憩後、瀬嶺トンネル経由で片品を行くことにする。小住温泉を通り過ぎたあたりから空気が冷たくなった。ここら辺はやまちんの仕事中の休憩場所であった。だって涼しいんだもん。(^o^)丿

10分ほど山道を走り、トンネルをくぐると片品。「花咲の湯」を右手に見て走る。「ささの湯」の看板がある。ここは帰りに寄ろう。

Img_2710 120号線に出て鎌田のバス停を右折ししばらく坂道を上り、右折ししばらく走ると本日の目的地、「片品林檎亭」の看板がある。

10時20分、到着。1年ぶりである。

Img_2711 ドアを開けて外に出ると、日差しはあれどやはり風は涼しい。別天地です。ここは立川談志さんが年に一回は来るそうです。

ご亭主さんはとうもろこし畑で積み込みをしているとかで留守中。

Img_2712 しばらく奥さんと世間話をする。サービスの林檎ジュースを飲んだり、トマトを食べたり、とうもろこしを食べたりしながら涼しい時間を過ごす。

林檎のシナノレッド2キロ(8個)、とうもろこし(恵味)10本、林檎ジュース2本を買う。合計3、460円を支払う。

しばらくしたら御亭主がトラックにとうもろこしを積んでお帰り。しばらく雑談をする。

11時10分、涼しくまだ居たいのだが帰ることにする。お土産にトマトと林檎を頂いた。感謝。生きていたら来年また来よう。

120号線に出る。平川の信号を見過ごしてしまい「ささの湯」に行けない。ま、いいか。峠の向こうに「望郷の湯」があるのでそこに寄ることにする。

相変わらず椎坂峠は少々きつい。こんな坂道を冬に越えたんだもんなあ。今では出来ない芸当です。^_^;

Img_2716 道が平らになり、「望郷の湯」の看板が見える。右折し駐車場に車を停める。展望台に出て今来た椎坂峠を撮る。空気が涼しい。

11時50分、Img_2713 「望郷の湯」に入る。(550円)ぬるぬる感があり、お湯もぬるくてこの季節には入りやすい。塩分も少ないのでやまちんにはぴったりの温泉です。露天風呂から見た景色もすばらしい。こんなのいいねえ。

12時50分、汗がひいたので出ることにする。

子持村の永井食堂を目指す。貝野瀬の信号から昭和村に入り岩本駅に出る。窓を明けたら空気が「むう」とした。

しばらくすると300度のカーブを曲がる。この道、なんとかならんかい。

Img_2720 13時35分、永井食堂に到着。相変わらず車がいっぱい停まっていました。

Img_2719 席に着き「もつ定半ライス」(560円)を注文。間違っても「もつ定」は頼めない。さらに大間違いをして「大盛り」なんかは口が裂けても頼めない。

後から来た客が知ってか知らずか「大盛り」を注文したので、他の客はみんなその客を見た、「食べられんかい」と言う風な顔で。一瞬でしたが不思議な空間でした。その客、普通盛りに変更しました。

お土産に1袋注文する。(1、070円)食べ終わった頃には20席あるカウンターは満席状態。汗が出てきた、ここではゆっくり出来ないので出ることにする。再び道の駅「こもち」で20分休憩する。

汗がひいたので藤岡を目指す。空気が暖かい。

15時30分、予定どおり帰宅。とうもろこしの皮をはいでいたら汗がバンバン出てきた。なんでこんなに暑いの。(T_T)

« 今日も元気だたばこが旨い | トップページ | 危機一髪 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/11667924

この記事へのトラックバック一覧です: なんなんだ~、あの涼しさは。:

« 今日も元気だたばこが旨い | トップページ | 危機一髪 »