« 危機一髪 | トップページ | もう秋 »

やはり古田効果

今朝は寒くて4時半に目が覚めました。そのままラジオを聴く。

朝食後、新町の図書館に行くことにする。「名誉の条件」は読み終わったので「子ぎつねヘレンがのこしたもの」をバッグに入れ出発。図書館に着いたら「本日は月末処理の為休館です」と張り紙があった。そういえば休館日のスケジュールに書いてあったなあ。

でもたかが月末の処理のために一日休館にするかい。どのような処理だか分らないが、通常業務しながらでも出来る作業だと思うのだが、、、。

仕方なく帰宅しバッグを下ろし富岡の自然史博物館に行くことにする。確か何かの展示をしていたはず。

Img_2721 鮎川橋から西山名駅前を通り多胡橋に出る。吉井カントリーの前を過ぎ、福島のパイパスに出る。右折ししばらく走ると妙義が見えてきた。

10時10分、もみじ平運動公園にある自然史博物館に到着。

Img_2722 「コアラ大陸オーストラリア」展を開催していたので1時間半見学する。前回は30分で出てしまったが今日はゆっくりと見る。

ヘビの展示がしてあったので「おお」と驚いてしまった。何を展示してあってもいいがヘビは辞めて欲しい。

企画展内でコアラの剥製があり、「手の甲でさわれます」と書いてあったのでさわってみる。いい感じ。

Img_2724 中庭から見た本館です。

11時半、博物館を退出する。来たついでに富岡製糸場に行くことにするが道を1本間違えたので迷子になる。悔しいので帰ることにする。

途中、吉井のパワーセンターうおかつに寄り少しお買い物。Img_2727

店内は広く、野菜売り場は涼しげな飾り付けをしていた。

254号線のT字路の手前に「パイプ・葉巻」と書いたたばこ屋の看板があった。今吸っているパイプたばこが無くなったらここで買おう。

昼食後、「荒野の用心棒」を見る。エンニオ・モリコーネの音楽は哀愁があるねえ。30年前のNHKの大河ドラマ「風と雲と虹と」のテーマはこの音楽に似ていた。

さて、2016年の五輪日本候補地に東京が決まった。投票結果は32対22だった。福岡は市職員の飲酒運転事故が致命傷だったみたい。東京も応援演説で欽ちゃんが登場したのでややマイナス。でも締めたのはヤクルトの古田監督。

知性派監督のスピーチはやはり違う、さすが古田。チームの貯金も「1」になりいいムードです。(^o^)丿

« 危機一髪 | トップページ | もう秋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/11703263

この記事へのトラックバック一覧です: やはり古田効果:

« 危機一髪 | トップページ | もう秋 »