« 慣用句 | トップページ | 葉っぱの色 »

どっちが正露丸?どっちも正露丸?

昨晩は熟睡したような気がしたが、なんだか眠たい。^_^;

朝食後、と言いたいが今日は採血があるため朝食抜きです。でも採血し易いようにお水を2杯、お茶を3杯飲む。本当はあまり水分を採ってはいけないらしいが。

9時、くすの木病院へ行き注射をする。今日はベテランらしい看護婦さんが注射をしてくれたが、あまり注射になれていないらしい。いつも落ち着いて患者さんに対応している人だった。この一年、ここに通っているがこの看護婦さんが注射をしている場面を見たことがない。注射を打つ時はこっちが緊張してしまった。

その後、検査室へ行き採血。検査室でたまに右腕から血液を採る人を見かけるが、やまちんは採血する腕は左と決めている。。何故左腕か、左の血管のほうが右腕より太く皮膚の浅い所と通っている。そのため針が刺しやすいのだ~。

会計は検査代があったのでは6150円。(T_T)

外のベンチでたばこを1服する。

その後、イトーヨーカ堂藤岡店でお買い物。階段の喫煙所で1服。しばらく居ようかと思ったが冷房が効きすぎていたのですぐ退散。だれか気がつけよ。

Img_2604 カワチでお買い物。野菜ジュースと植物性乳酸菌「リブレ」を買う。3日でお腹の調子がよくなるとか、ホンマかいな。でも小百合さんが言うのだから間違いないだろう。

先日ファミブの視聴コーナーで映画「ゲド戦記」の主題歌「テルーの歌」を聞いた。なんだか不思議の国へのいざないの歌に聞こえた。後で知ったことだが主題歌は群馬県出身の詩人、萩原朔太郎の「こころ」が題材になっているという。

こころをば何にたとへん こころはあじさゐの花
ももいろに咲く日はあれど うすむらさきの思い出ばかりはせんなくて。
こころはまた夕闇の 園生のふきあげ 音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども かなしめどもあるかひなしや
ああこのこころをば なにに たとへん。

こころは二人の旅びと されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。/萩原朔太郎「こころ」

さて、正露丸。お腹が痛いとき歯が痛いときにはいつもお世話になっている。普通正露丸と言えば「ラッパのマークの正露丸、大幸薬品です」が一般常識だと思っていた。でも和泉薬品工業でも同じようなラベルで正露丸が売られていたという。遠目には区別がつかない。

大幸薬品は「名称と包装箱が酷似した薬を売るのは不正競争防止法が定める類似品販売にあたる」、として和泉薬品工業を対し裁判を起こした。

でも裁判所は「正露丸の名称は以前から一般的に使われ商標権の侵害にあたらない。マークで他社の製品と区別でき混同の恐れが無い」」として請求を棄却したという。

ラッパとひょうたんのマークの違いだけなんだろうけど、とにかく間違いやすい。どっちかが色を変えればいいと思うのだが、お腹が治ればどちらでもいいか。

« 慣用句 | トップページ | 葉っぱの色 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/11129492

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが正露丸?どっちも正露丸?:

« 慣用句 | トップページ | 葉っぱの色 »