« やっぱり湯治だわ | トップページ | 親切なハガキ、不親切なハガキ »

わたらせ渓谷鉄道に乗ろう

昨晩は2時間位しか寝ていない。でも体は正常に動いている。マヒをしているのかしら。

Mimikyouhon3 今日も由紀江さんの「耳をすまして」を聞きながらのお目覚めです。

朝食後、くすの木病院へ行く。今日は注射と採血のため朝食抜きです。採血のため検査室へ行く、今日は7本採るとのこと。やまちん「ずいぶん採るんですね」、採血係りの方「大したことないですよ」。そりゃそうでしょうよ、採るほうは気楽でいいやね。

採血台が新しくなっていた。二人用ということでつながった机を使用していたが、一人ずつ別々の机になっていた。以前、机をゆすっていた老人がいたなあ。これでそんな人がいても安心して採血できる。(^o^)丿

会計は検査料があったので13、860円でした。その後、ベンチでたばこを吸おうとしたらライターが無い。くそ。

いつものレンタル屋へ行く。今日は「5」のつく日、半額の日でした。それじゃあ、と「フライト・プラン」を借りる。

11時に帰宅、お腹が空いていたので少し早い昼食を取る。一休みし「フライト・プラン」を見る。

さて、群馬県東部を走り存廃の危機にある第三セクター、「わたらせ渓谷鉄道」(旧足尾線)が、「住民参画」「市民鉄道」への転換を目指し再生を図るという。05年度輸送人員60万4千人、前年比87.5%だったとのこと。この鉄道は大間々を過ぎると景色がいいらしい。でもやまちんの住む藤岡から行くとすると、八高線で高崎まで行き両毛線に乗り継ぎ桐生へ行く。そこから乗るということになる。大間々まで車で行って「わたらせ」に乗る方法もあるがこれでは風情に欠ける。新緑の中、風に吹かれ景色を見ながらの旅は気持ちいいだろうな。廃線になる前に面倒でも乗ってみようか。

「星野富弘美術館」にも行ってみたいし。

« やっぱり湯治だわ | トップページ | 親切なハガキ、不親切なハガキ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/10234716

この記事へのトラックバック一覧です: わたらせ渓谷鉄道に乗ろう:

« やっぱり湯治だわ | トップページ | 親切なハガキ、不親切なハガキ »