« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

うなぎはええじゃないか!

朝から蒸し暑い。

朝食後、柳家紫文の前橋ライブについての新聞記事(上毛新聞)を切り抜く。「のぞみちゃん2号」でスキャンして同窓会HPに掲載する。ついでに地図も。

あれやこれやで10時半になってしまった。カワチへ行きトイレットペーパーを少し買いだめする。在庫はこれで4個。もう少し買っておこう。

Img_2181 店内で発泡酒の新発売キャンペーンをしていた。試供品を配っていたのでもらう。

帰宅後、新町の幸楽苑の中華そばを食べに行く。一年ぶりくらいかな。ここのスープはやまちんのお口に合う。麺はツルシコって感じでイマイチかしら。

Myougi060531 写真は昨日訪問した「妙義ふるさと美術館」でもらった絵葉書。

映画監督の今村昌平さんが亡くなった。実写では「復讐するは我にあり」、「ええじゃないか」、「うなぎ」、テレビで「楢山節考」を見た。社会を正面ではなく、やや斜め後ろから見たような作品だった。もう今村さんの作品を見られないのは残念です。

さて今日は「世界禁煙デー」。関係ないけど明日はたばこ会社の創立記念日です。どこもかしこも禁煙分煙でうるさい。今日のラーメン屋も禁煙。禁煙させるのならばいっそのことたばこ販売禁止にしてしまえばいい。

そうすると1兆5千億もの税収がゼロになり、その分の税収を何で賄うかというと一般消費税に上乗せして徴収することになる。約三千万人の喫煙者が負担していた1兆5千億を国民全員で広く納税することになる。禁煙分煙の影響で減った税収についてキチンと考えて禁煙分煙運動をしてもらいたい、と思う今日この頃です。

くやしいので今日はスパスパ吸っています。(^o^)v~~

いい天気、ちょっと遠出

天気が良さそうなので

妙義町

へお出かけをする。

吉井町

富岡市

を経由して

妙義町

へ。途中2台の危ない車と遭遇。どちらも後ろを確認しないで発進しようとしたため、追突しそうになったので思い切りクラクションを鳴らした。どちらも年配の女性。なんとかしてくれい。

Img_2142

妙義CCを左に見て直進する。行き過ぎたかなと思って引き返すが、思い直して又直進する。坂道を登り、左折すると道の駅がある。ここで一休み。

Img_2148

その後また坂道を登り右折すると「妙義ふるさと美術館」がある。「妙義山を描く絵画展」を開催していたので見学をする。(無料)

Img_2145

妙義山をこんな間近でしみじみと見るのは小学校の5年以来かな。こうやって見ると妙義山も絵になる山だ、と感じる。金鶏山。

Img_2146

金洞山

Img_2147

白雲山

隣接した場所に日帰り温泉施設があった。タオルを持ってくれば良かった。

Img_2165

その後、妙義神社にお参りすることにする。斜面を昇り階段を上ったりしたら太ももが痛くなり階段を下るのが怖かった。

Img_2166

総門

Img_2167

Img_2168

Img_2170

妙義神社本殿に至る階段

Img_2171

樹齢何年だか分らない杉(?)

Img_2172

汗をかきながらの階段昇りでした。

Img_2174

唐門

Img_2176

駐車場に戻り一休み。

富岡市

立美術館(200円)へ行く。企画の福沢一郎絵画展と常設の大久保 泰絵画展と富岡の歴史展を開催していた。立派な建物なのに中身は貧弱な美術館であった。

Img_2178

度は隣の自然史博物館を見学。(500円)受付の女の子はどこかのパビリオンのような制服を着ていた。展示物はたくさんあったが「これ」というものは無かったなあ。残念。立派な建物なんだけど、、、。

13時過ぎに帰宅。いつものスパゲティ屋で昼食。

近くの避暑地

熟睡が続いたせいか昨晩は眠れませんでした。目が重たい。

朝食後、親の高額医療費請求のため市役所へ行く。ハガキには「手続きは第六会議室」と書いてある。場所が分らないので受付に聞く。「右行って左行って左です」と説明される。自分は知っているだろうがそんな説明では来丁者はどこだか分らん。どこかに地図くらい書いておけ。プンプン(玉緒風に)

手続きが終わった。2、900円のバックとのこと。

Img_2135 本屋の開店時間まで時間があるので日野に出かけることのする。4月に整備された「蛇喰(じゃばみ)渓谷」の休憩所。やまちん家から30分の距離なのに空気が冷たい。暑くなったらここに避暑に来よう。

Img_2136 川の水が澄んでいて綺麗です。気持ちよかったのでしばし休憩する。

何やら蒸し蒸ししてきた。夏が近いってことか。

これでいいのだ~

昨晩も熟睡。これで三日連続です。朝から雨が降っています。妙義の美術館でもと思っていましたが中止です。

朝食後、とりせんへ買い物に行く。雨は止みそうな気配。いつもの場所に停めようとすると邪魔なプリウスが目に入って来た。それじゃあと一歩前のスペースに停めてくれた。そうするとそのプリウス、面倒くさそうに別の場所に停めた。これでいいのだ。

帰宅後、サンデープロジェクトを見ていたら長崎新幹線の誘致について報道していた。県は賛成なのだが沿線の1市7町村が反対している。地元の賛同が得られなければ新幹線は着工されないという。最近になって6町村が地域振興の補助金につられて賛成に回ってしまった。補助金と行っても1億くらいのものだという。ただ新幹線が通れば現在住民の足となっている「特急かもめ」は53本通っているがそれが10本くらいになってしまうらしい。そして長崎本線は第三セクター、そして赤字で廃線になってしまうだろう。

廃線になればいくら振興策として補助金をもらっても追いつかないではないか。住民は分っているのだが、地元の建設土木業者は目先の利益に目がくらみ自分達も住民という意識が無い。

群馬県にしても長野県へ電車で行くのには新幹線で行くしか手はない。新潟県へはかろうじて上越線がまだ残っているがそれも長くは続かないだろう。全国的に新幹線が開通すれば在来線は廃止になっているのに何故気がつかないのか。哀しい話である。

Img_2066 神奈川県立美術館 鎌倉本館の池。この時期、鎌倉は雨が似合う。

午後のひと時、ルイ子さんのアルバム「サンクス」、「モーニング・シャドウ」、「ローリング」の三作をMDにダビングしております。これでルイ子さんのアルバムはMD化終了です。

今後は由紀江さんのMD化です。

典子は今

朝食後、前橋市山王にいる姉のところへ行く。その帰路、新福島橋を渡り走行していると、前の車が右折のウインカーを出しながら直進車線を走ったり右折車線を走っていた。危ないのでクラクションを鳴らした。そうしたらその車いきなり直進車線から右折車線に入り右折していった。それも早い速度で。その車には「防犯パトロール中」のステッカーが貼ってあった。

防犯の前に自分の運転をなんとかしろ。

さて昭和56年ごろ、「典子は今」という映画を見た。サリドマイド児として生まれた少女が懸命に生きる姿を描いた作品だったと記憶している。主人公役は本人が出演。彼女が44歳になった今、市役所を退職し講演活動をするという記事を見た。映画公開から20数年たった今どんな生き方をして、どんな考え方を持って来たのか一度聞いてみたい。

Mimikyouhon4 午後のひと時、由紀江さんの「子ぎつねヘレン」のサントラを聞いております。

親切なハガキ、不親切なハガキ

Siyakusyo 親の高額医療費の申請について市役所からハガキが来た。親が行けない場合については記載がなかったので問い合わせたら、係りの人「高齢の人が多いので代理でも構わないです」と回答。やまちん「代理の場合、免許証など身分の判るものが必要ですよね」、係りの人「はい、持ってきて下さい」。それだったら最初からハガキに書いておけ。ここは市民課も税務課もたるんでいる。

Kfc 2週間くらい前、倉賀野のケンタでチキンを買った。その時にアンケート用紙が袋の中に入っていたので記入し投函した。そうしたらハガキが来て「20%割引」するとのこと。ちょっとハッピイ。

市長の選挙公約に「そろばんの復活」というのがチラシにあった。賛成です。

本日、市内のレンタル屋でDVDを二枚借りた。値段は818円。細かいお金が無かったのとレジ係りの手間を考え1010円を出した。これだとお釣りは202円、100円玉2個と1円玉2個を出すだけでいい。1000円だと182円、100円玉1個と10円玉8個、もしくは50円玉1個と10円玉3個、そして1円玉2個を用意しなければならない。

ところがレジの女の子は少し迷惑そうな顔をした。1010円を出した意味が分かってない。そして「8円ありませんか」と言い出した。気持ちはわかるが8円があれば出している。
レジの表示は単に「202」と「182」。手間を考えれば「202」を選ぶだろう。

この子が少しでもそろばんをやっていれば、珠を動かす動作は「202」のほうが少ない。そのため1010円の意味が分ったであろうに。

この店ではもう細かいお金は用意しない。

さて、午後のひと時「バットマン・ビギンズ」を見ていました。

わたらせ渓谷鉄道に乗ろう

昨晩は2時間位しか寝ていない。でも体は正常に動いている。マヒをしているのかしら。

Mimikyouhon3 今日も由紀江さんの「耳をすまして」を聞きながらのお目覚めです。

朝食後、くすの木病院へ行く。今日は注射と採血のため朝食抜きです。採血のため検査室へ行く、今日は7本採るとのこと。やまちん「ずいぶん採るんですね」、採血係りの方「大したことないですよ」。そりゃそうでしょうよ、採るほうは気楽でいいやね。

採血台が新しくなっていた。二人用ということでつながった机を使用していたが、一人ずつ別々の机になっていた。以前、机をゆすっていた老人がいたなあ。これでそんな人がいても安心して採血できる。(^o^)丿

会計は検査料があったので13、860円でした。その後、ベンチでたばこを吸おうとしたらライターが無い。くそ。

いつものレンタル屋へ行く。今日は「5」のつく日、半額の日でした。それじゃあ、と「フライト・プラン」を借りる。

11時に帰宅、お腹が空いていたので少し早い昼食を取る。一休みし「フライト・プラン」を見る。

さて、群馬県東部を走り存廃の危機にある第三セクター、「わたらせ渓谷鉄道」(旧足尾線)が、「住民参画」「市民鉄道」への転換を目指し再生を図るという。05年度輸送人員60万4千人、前年比87.5%だったとのこと。この鉄道は大間々を過ぎると景色がいいらしい。でもやまちんの住む藤岡から行くとすると、八高線で高崎まで行き両毛線に乗り継ぎ桐生へ行く。そこから乗るということになる。大間々まで車で行って「わたらせ」に乗る方法もあるがこれでは風情に欠ける。新緑の中、風に吹かれ景色を見ながらの旅は気持ちいいだろうな。廃線になる前に面倒でも乗ってみようか。

「星野富弘美術館」にも行ってみたいし。

やっぱり湯治だわ

Kyouhon3 今日もいい天気。由紀江さんの「耳をすまして」を聞きながらのお目覚めです。

Img_2127 今日は就職支援会社へ行き、エクセルのグラフ基礎と地図ドリルを勉強する。グラフ作成の裏技を習得。なんてね。

地図ドリル

和歌山県湯浅町

、鎌倉時代から伝わる醤油発見の元になったと言われる味噌は?」

「わからない」。「金山寺味噌」、って分かるわけない。

大阪府堺市

、○○○の生産技術は、戦国時代から続いた火縄銃で鉄の筒を作る技術がベースとか?」

「分らない」。「自転車」、学校で習ってな~い。

「長野・岐阜・富山に連なる山脈は?」。

「ひださんみゃく」。「○、飛騨山脈」、飛騨の「騨」が書けない。(T_T)

「新潟県に広がる平野は?」

「新潟平野」。「×」、「越後平野」。情けない。^_^;

「知多半島と渥美半島に囲まれた湾は?」。

「分らない」。「三河湾」。

「静岡県に入り汲んだ湾は?」

「するがわん」。「○、駿河湾」。これも漢字が書けない。分っちゃいるんだがなあ。

Img_2130 お昼になったので高崎駅西口の「ふりーたいむ」に入る。がそこには女性ばかり7人のお客。店内も清潔で男はやまちん一人しか居なかったので「男子禁制のお店ですか?」と聞きそうになった。「ミニカレーと焼きそばセット」(800円)を注文。周りが女性ばかりなので緊張する。食事の内容はボリュームも無くて本当に女性向きのお店でした。

Img_2133 その後、

高崎市

美術館に行くことにする。美術館の横でなにやら工事中のビルがあった。「東横イン」と書いてあった。噺の

タネに一度、泊ってみるか。(不謹慎かしら)

Img_2131 美術館では「ドーミエ展」というのを開催していた。19世紀のフランスの風刺画家、ドーミエが当時の政治、風潮を石版画にしたもの。思わず苦笑いするような作品ばかりでした。

さて、世間は有効求人倍率が高くなっているとか。群馬県は1.53で全国3位。就職浪人中のやまちんにとって嬉しいニュースです。ただ高崎や前橋は高いらしいがその周辺の富岡、渋川では0.8。格差社会の現れなのかしら。

さて、朝日新聞の群馬版、「町から村から」にこんな記事があった。沢渡温泉の旅館のご主人、山水荘の森谷さんと三喜屋さんの剱持さん二人の話。

011zenkei 一昨年、二人で「沢渡温泉湯治の宿の会」を発足させた。沢渡温泉は30年代から40年代までは四万温泉と入客数を競っていたが、いつしか時代の波に沢渡温泉は取り残されたしまった。危機感を持った剱持さんは97年にHPを開設し、宿泊者の半数以上がHPを見たというようになった。翌年98年に温泉組合にHPの話をしたところ分ってくれる人は一人もいなかった。森谷さんもその一人だったという。

しかし森谷さんも影響を受け01年、温泉組合も04年のHPを開設した。「HPがないと客が来ない」という時代になってからのことだった。こうした悔しさを経験した二人はようやく始めた湯治の会を大事にしていきたいと考えているとのこと。

やまちん、沢渡温泉というと「まるほん旅館」しか頭に思い浮かべなかったが、次回からは「もりや」さんや「三喜屋」さんにも泊ってみようか。「もりや」さんにはなつかしい看板が掲示してある「昭和食堂」という変わったスペースがあるらしい。是非、見てみたい。

Sheikusupia 写真は一昨年、小諸のシェークスピア美術館の館長さんから頂いた絵です。裏には一万円と書いてありました。^_^;

シェルブールの雨傘

昨晩は8時間も寝てしまった。ちょっと怖い。午後から天気が崩れるとかで就職支援会社へ行く予定にしていたが中止にした。

朝食後、ルイ子さんのテープをMDに録音する。

Sailing 「SAILING」

Junai 「純愛~この愛に生きて~」

Ituka_happiness 「いつかHappiness」

Main_course 「メインコース」

10時になったので湯都里へ行く。相変わらず空いている。先行きちょっと心配。一日料金で受付する。内湯と露天を交互に入り、食事処へ。枝豆をつまみに生を飲み過ごす。

体が冷えてきたので内湯に入りに行く。温まったので出ることにする。湯殿出口にジュースコーナーがあったので「たまねぎジュース」を注文。甘く味付けしてあって飲みやすく仕上がっている。

Zenkyoku 帰宅後、ルイ子さんの「全曲集」をMDに録音する。これでテープについては全部録音した。後は「Rolling」、「Morning Shadow」、「Thanks」の三枚のレコードだ。

さて、ルイ子さんの「いつかHappiness」に「シェルブールの雨傘」が収録してある。元はカトリーヌ・ドヌーブ主演、ミシェル・ルグラン音楽のフランス映画。たしかセリフが全編歌になっているという。まだ見てはいない。舞台では松本市民劇場の会員の時に一度見ている。ともかく音楽がいいね。なんか切なくて。

日本の空域

昨日の夕方、いいお天気だったのでハンバーグ屋でソーセージをつまみに生を飲んで来ました。(1、100円、金券500円使用)そのお陰で熟睡でした。(^o^)丿でも体が重い。

朝食後、群馬銀行

新町

支店へ行き、年金保険料13、860円を納付する。

帰宅後、今度は岩鼻の郵便局へ行き、高校の同窓会費2、000円の支払いをする。いつもは納めないのだが新設高校に母校が統合されるため、今回で藤岡高校同窓会での会費徴収は最後とのこと。じゃあ、ということで今回は同窓会事務局に協力することにした。会報を見たら同級生で昨年度会費を納めたのは3人だけでした。

帰宅し地図ドリルをやる。

「牛若丸が天狗に武道を習ったと言われる山は?」、「くらまやま」。「○」、鞍馬山の漢字が書けない。

「世界一古い木造建造物の法隆寺がある町は?」、「飛鳥町」。「×」、「

斑鳩町

」。字が難しい。

「1970年に開催された、アジア初の国際博の名前は?」、「大阪万博」。「×」、「日本万国博覧会」。

もういやだ。(T_T)

さて悲運の幕臣、小栗上野介をしのぶ「小栗上野介百三十八年祭」

が高崎市

倉渕権田で開催されたとか。

高崎市

は近い所では車では1分の距離、遠い所になると一時間半の距離になってしまう。先日の新聞に掲載されていたので行ってみたかったが遠い。確かに遠い。部屋の窓から榛名山が見えるが、倉渕権田はその反対側。倉渕権田は見えない、見えぬけれども倉渕権田はある

朝日新聞に在日米軍の再編に伴い、横田基地などの軍用機が使っている横田空域の一部が返還されるとのこと記事があった。もっと返して欲しい。

隣の長野県は広い面積を誇っているが6割以上の空域は米軍のものだった。自由に使える空間は長野県北西部だけだったと記憶している。そのため全国的だと思うが飛行場への経路はかなり遠回りしているらしい。自由に使えて近道も利用できれば、運賃も値引き出来るのに。

4年ほど前、退社後高崎の町を歩いていたら頭の上のほうで爆音がした。かなり大きかった。上をみたら戦闘機2機が追いかけっこをしていた。それも戦闘機の形が肉眼ではっきりみえる距離でした。やまちんのいた場所は高崎駅西口の繁華街。事故で起きたら危ないではないか、というよりやまちんの命があぶない。とにかく怒った。苦情の電話を入れようと思った。

抗議の電話を入れようと思ったが何処へ電話をしたらいいか分らなかった。市かい県かい自衛隊かい、それとも防衛庁かい。とにかく分らなかった。

自衛隊かと思って翌日新聞を見たら米軍の戦闘機だったとのこと。他の方からは抗議の電話があったのだろう、県は防衛庁を通じて米軍に抗議をしたがなしのつぶてだった。無視された、と言うことなのだろう。

この国はまだアメリカの植民地だと実感した。

今日も由紀江さん

昨晩もあまり寝た記憶がない。でも少しはあるって感じの眠りでした。天気が良く暖かい。朝から生が飲みたい気分です。^_^;

朝食後、由紀江さん出演の「遠くへ行きたい」を録画する。その後NHKの「小さな旅」を見ていたら由紀江さんの曲が流れて来た。うふ、朝からいい気分。(^o^)丿

Img_2122 9時半になったのでとりせん、ららん、

新町

のフレッセイへ行き帰宅する。お昼までにはまだ時間があるので群馬の森公園へ行く。公園は緑が真っ盛りでした。

Img_2119 昨日、花の交流館の水彩画展で買った絵葉書です。四万湖、赤城山、谷川です。

Img_2120 13日、鏑木清方美術館で買った「朝涼」セットです。クリアファイルと絵葉書と一筆箋。

さて、赤城南麓に「クローネンベルグ・ドイツ村」がある。近くのフラワーパークは行ったことがあるがここは行ったことはない。ドイツ村だからビールはあるソーセージはある。行きたいが行けば飲んでしまうだろう。お日様の下で飲むビールは最高。簡易宿泊所があれば行きたいのだが。あ、車中泊すればいいのか。6月にはサッカー・ワールドカップの開催に合わせてイベントがあるとか。うふ。行こう。

生、生、生

昨晩は寝たのか寝なかったのか分らない。でも寝たんだな。そんな訳で頭がぼーとしています。朝食後、約一時間うたたねをする。

さて、天気が良い。昨日の上毛新聞に「

伊勢崎市の

境上武士の花公園でルピナスが満開」との記事があったので行くことにする。お出かけ用のバッグを替える。やまちん家から約40分の距離です。

綿貫町の原研の前に出て、右折し玉村を通り過ぎ五料橋を渡る。普段はその先を右折するのに直進してしまった。おかげで迷子になる。どこを走っても

伊勢崎市

の表示。なんとかならんかい。市町村合併の弊害だ。走ったことの無い道を右往左往したがそこはナビ付きの車、すぐ解決しいつもの国道354にでる。広瀬川に出て左折、堤防をしばし走り左折。「花公園」と書いた看板を目印に走り、狭い道を入ると到着です。

9時ちょっと過ぎにもかかわらず駐車場には既に5,6台の車があった。さあ、写真を撮ろうかなと思いバッグの中を見たらデジカメが無い。確かに無い。ここまで来て何やってるんだか。悔しい気持ちを抑えて公園内をしばし歩く。小さい公園だったので花を見ながらでも5分くらいで一回りしてしまった。このまま此処にいても仕方ないので帰宅する。

Img_2115 帰宅後、何か展示会でもやっているかと思い自転車で近くのららん藤岡へ行く。「花の交流館」の1階でフラワー・アレンジメントの展示をしていたので見学。東京都知事賞を受賞した人の作品を中心に展示してあった。

Img_2116 2階では水彩画展をしていたのでそこも見学。係りの方としばし歓談。気に入った絵葉書があったので買う。(3枚300円)過日、濃い色彩の「プラド美術展」を見た後だったので今日の水彩画は新鮮に感じた。

Img_2117 気に入った絵があったので許可をもらい写真を撮る。

Img_2118 ららん中央の広場に行き少し休憩する。中央には噴水があり風のせいで水しぶきが少し飛んできた。こんな天気の日には気持ちいい。

その後ゲームセンターに行き、そこでたばこを三服する。一通り見たが残念ながらやまちんに出来るゲームは無い。卓球台があった。たまにはスポーツで汗を流したい。

とにかく暑い。思い切り生が飲みたい気分。と、書いてる内に空には雲が広がってきて、風が少々吹いてきた。

眠る男

群馬県出身、小栗康平監督の作品。群馬県人口200万人到達の記念碑、「精神的モニュメント」として製作された映画です。

先日亡くなられた俳優の田村高廣さんもこの映画に出演されていたとか。他にも同監督の「泥の川」や

利根村

がロケとなった「春駒」にも出演。そして昨年

高崎市

と四万温泉が舞台になった「ファイト」のも出演していた。怒った時の表情も静かな時の表情も「眼力」のあった俳優さんだったと記憶している。また一人、渋い役者さんがいなくなった。ちなみに「眠る男」はまだ見ていない。レンタルされていれば借りよう。

昨晩は良く眠れた。不眠と熟睡が交互に襲ってきます。^_^;

朝食後、くすの木病院へ行く。車をバックにして停めようとしたら、車止めに当たったようで車はストップした。フェンスまでまだ距離はある、おかしい。後ろをみたら街灯のポールがあった。バンパーを見たら少しだけへこんでいた。(T_T)

Img_2111 今週も注射のみ。それでも9、680円の会計です。待合室の壁に神流公民館の絵画教室の作品があったのでしばし見る。その後、外の喫煙コーナーでカップ・コーヒー&たばこを三服。「今日も元気だ たばこがうまい」(^o^)丿

Skb1024x768 爽健美茶のCMが変わっていた。フィギア・スケートの荒川静香さんだったのがちーちゃん(栗山千明さん)に代わっていた。もしかしてと思い、爽健美茶のサイトにアクセスしたらありました~。壁紙とスクリーンセイバー、思わずダウンロードしてしまいました。ちょっと嬉しい気分。今、デスクトップを見ながらニヤニヤしています~。

温泉卵、お宿の朝食には必ずと言っていいほどの定番のおかずです。やまちんも大好きです。この温泉卵、最近カレーや立ち食いそばやラーメン、ファミレスで温泉卵を使ったメニューが増えているとの事。食材との相性がよく加熱してあるので食中毒の心配もないとの事が理由。普通はお湯で茹でるのだが、最近は遠赤外線を用いて生産し年間4千万個を販売しているらしい。小さい宿であれば手作りだろうが、大きな旅館では怪しいな。今度聞いてみよう。

13日(土)に撮影した写真を2つ。

Img_2052 鏑木清方美術館の中庭

Img_2065 神奈川立近代美術館 鎌倉本館の池

午後のひと時、コーヒーを飲みながら「石川ひとみ・ベスト」を聞いています。

尾瀬の山開き

昨晩はあまり寝ていない。そのため頭がぼーとしています。

朝食後、「ひとりごと」の1ページを作成する。と言っても元をコピペして少し加工するだけですが、、、。一時間ほどしたら疲れたので止める。

耳の周りがちくちくする。まだあまり毛が伸びてないが散髪に行く。いつもの中居のプラージュ。今回は散髪係りも剃りの係りも腕は良かった。ここ三年で一番いい出来である。家に帰り散髪後の頭をデジカメで写真を撮る。今度行った時に写真を見せて「このようにして」と言おう。いちいち説明するのが面倒くさいし、説明しても人によっては違う風に仕上げてしまう。この手を使おう。

その後、近くの千湯へ行き昼食&生&喫煙タイム。

Jsi002 午後のひと時、由紀江さんの「しあわせのかたち」を聞いています。

昨日、尾瀬が山開きした。尾瀬は5、6回行っているがここ7,8年行っていない。尾瀬ヶ原はまだ雪が多いとの事で、水芭蕉の見ごろは6月の中旬ごろ。ニッコウキスゲの7月もいい。豪雪の影響で多くの木道は雪の下、雪の重みで壊れた橋もあるという。まだ危ないな。安全の確認後、健康診断を兼ねて行ってみよう。トレッキング・シューズもまだ使っていないことだし。

また新製品

昨晩こんな夢を見た。「あるクジで一等賞が当たる。当せん番号は携帯の番号だった。賞金は1億円。やった~と思ったら目が覚めた。」今日は大安吉日、宝クジを買いに行こう。

朝食後、新聞記事を音読する。さて我が家のHP、プロバイダの都合でHP作成サービスが今月末で終了する。仕方ないので「ホームページ・ビルダー10」で作ることにする。今は10ページで構成。一日では全部作れないので一日一ページの予定で作ろう。とりあえずトップは出来た。まずはマニュアルを読もうかしら。

Img_2103 宅配で先週注文したバッグ2個が届いた。イメージよりやや小さかったがいいか。群馬銀行新町支店へ行き代金19800円を下ろし、近くのセブンイレブンへ代金を納める。

Img_2104

その後、イトーヨーカ堂藤岡店へ行きジャンボ宝クジを連番で10枚買う。当たれば3億円~。

Img_20961 店内に入りいつものように試食。今日はメロン、グレープフルーツ、マグロ、メンチカツ、ヒレカツ、もちを試食するが買わない。豆腐コーナーをふと見たら、2ヶ月前テレビで少し紹介された「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」があった。カゴに入れる。

Img_20931 お酒のコーナーを見たら見慣れぬ発泡酒があった。サッポロの「雫」、144円とのこと。高いけど試しに買ってみる。

Img_2102 帰宅後、近くのスパゲッティ屋でランチ%喫煙タイム。

Img_2101

さて午後のひと時、由紀江さんの13日「シーサイド・ピアノ・コンサート」の曲順に合わせて曲をダビングし直そうかと思っています。うふ。

5月14日(日)分

昨晩(13日)、10時半に寝て12時半に目が覚めそのまま朝を迎えてしまいました。コンサートの余韻が残りすぎていたのでしょうか。

Img_2073 6時半、散歩がてら駅までキップを買いに行く。雨はパラッパラって感じの降りです。駅へ行く途中、古い建物や廃業した銭湯があったので撮影。とりあえず上野までのキップ(890円)を買う。

ホテルに戻り、7時25分一階の食事処へ行く。ご飯が美味しかった。7時半から由紀江さん出演の「遠くへ行きたい」が始まる。いつもより早食いになる。急いで部屋へ戻り「遠くへ行きたい」を見る。今週と来週は由紀江さんが出演します。今週は「子ぎつねヘレン」の作者、竹田津実さんを旭川に訪ねる旅です。

チェックアウトする。9、450円の会計でした。外はやや小雨程度。8時23分の横須賀線に乗る。車内は4割座席が埋まっている。東京駅での大移動がイヤなので、横浜で京浜東北線に乗り換える。8時52分の大宮行きの電車に乗る。しばし乗ると停車駅の表示が「鶴見」となった。鶴見は駅伝の中継地だったなあ。他に平塚、小田原、最後は箱根。あれ、ひとつ足りない。どこだったかなあ。「分らない」。(能瀬慶子風に)

そうこうしている内に上野に到着。公園口に出て

新町

までのキップ(1620円)買っておく。横断歩道を渡るといくつもの大きい建物が目に入る。雨はもう上がっていた。

Img_2083 東京都美術館で「プラド美術館展」というのを開催していたので入館(1500円)する。スペインの画家たちの作品を展示してあった。さすが東京、朝早いのに人が多い。疲れていたので展示室内のソファにしばし腰掛ける。入館料がもったいないのでその後も時間をかけてゆっくり見る。さすがに飽きてきたので退館する。

Img_2081 美術館の中庭から何やら音が聞こえる。ノコギリ演奏家が演奏していたのでしばし聞くことにする。「浜辺の歌」や「夏の思い出」を披露。思わず口ずさんでしまいました。次は上野動物園へ行くことにする。33年ぶりです。

入園券(600円)を券売機で買い入園する。さあ何を見ようかな。上野と言えばパンダ、やはりパンダを最初に見る。客に背を向けていた。人間の世界では許されぬ事。隣の展示室にはやまちんに幸運をもたらす動物、レッサー・パンダがいました。思わず手と手を合わせる。

Img_2085 他の動物も見ることにする。ルイ子さんの「雨上がりの動物園」を口ずさみながら歩く。一日見ていていても飽きないだろうなあ。空にはお天道様が顔を出してきた。

一通りまわったら疲れてきた。もう帰ろう。来週の日曜の朝は「遠くへ行きたい」を録画せねば。

さて、13日の由紀江さんのコンサート。終了後、席を立とうとしたら2,3,4番に座った人が立とうとしない。1番の席の方はもういない。しばし待ったが立たない。やまちん待ちきれず、強い口調で「前を失礼」と言って通ろうとしたが1番の席の前でバランスを崩しよろけてしまった。コンサートが終わったのだからさっさと立たんかい。余韻に浸る気持ちは分かるが。プンプン(玉緒風に)

5月16日(火)分

昨日、今日と由紀江さんの「耳をすまして」を聞いて、鎌倉でのコンサートの余韻に浸っております。(^o^)丿

自動車税39、500円を納付しにコンビニへ行くことにする。手持ちが不足しているので群馬銀行

新町

支店でおろして近くのSEJへ。そのまま銀行で納付してもいいのだが今回はコンビニへ行く。宮城県では用紙の記載(バーコード)が間違っているとかでコンビニでの納付が配布数の1割しか出来ないとか。でも群馬は大丈夫のようである。

13日(土) 由紀江さんのコンサート

5時半起床。早速車で鎌倉行きのキップを買いに

新町

駅へ車で行く。自販機で買う(2520円)、しかし操作の仕方がイマイチ要領を得ていない。

新町

駅発7時38分の電車に乗る為、自転車で自宅を7時10分に出る。雨はまだ降ってこない。ラッキー。5分ほど自転車をこぐと雨がパラっと来た。ありゃ、「神様あと10分待ってください」と祈る。無心論者のやまちん、都合のいい時だけ「神頼み」。

多少はパラパラ降ってきたがあまり濡れなかった。時間がまだ早い時間だったが人はそれなりにあった。到着した電車の車内は空いていて余裕で座ることが出来た。9時16分上野到着。ここで山手線に乗り換える。ホームは近かったので助かる。

東京駅に到着、今度は横須賀線に乗り換える。とりあえず直進し今度は左折。左折したと思ったら今度はエスカレーターで降りる。降りたと思ったら今度は階段でまた降りる。着いたところが横須賀線のホーム。このホーム、過去二回利用しているが今もって分りづらい位置にある。9時38分の逗子行きに乗る。ここでは座ることが出来ずに立ったまま10時40分鎌倉に到着する。

Img_2050 雨のため観光客の出足は鈍いようである。小町通りも空いていて傘を差しても楽に通れる。店の人も手持ち無沙汰。

Img_2053 さて今回の目的の一つである「鏑木清方美術館」(300円)を再訪する。主に美人画を得意としている画家です。特別展「大佛次郎の清方コレクション」を開催していた。約一時間滞在、お土産に「朝涼」セット(クリアファイル、絵葉書5枚、一筆箋(650円))を買う。11時40分になったので食事をするため退出する。

Img_2055 小町通りには多くの食事処があったが、どこも禁煙のような雰囲気。それじゃあと昨年BUBUさんに案内された、小町通り入り口近くにある珈琲郷「みにこむ」へ行く。地下に下りて入店しコーヒーとサンドイッチ(1150円)を注文。ここは地上に店構えをしていないので観光客は気が付かない、静かな店内である。しばし休憩。

Img_2067 「神奈川県立近代美術館 鎌倉」へ行く。鶴岡八幡宮の表参道から入ったので何処が入り口だか分らなかった。結局は裏口じゃん。表にまわり入館する。(700円)「近代日本洋画の名作展」を開催。こちらは「童女」で有名な岸田劉生などの絵画を展示してあった。美術館の同業者らしき女性二人が見学していた。展示品の裏を見たりして吊るし方などを見ていた。小諸にあった小山敬三の作品も展示してあった。

別館へ行くことにする。「正面の道を行くとすぐありますよ」との説明。さっそく歩く。ありゃ、まだかしら。また歩く、それらしき建物は無い。どこにあるのよ。

西鳥居前の歩道をあるいていたら自転車に乗った、二人の外人さんに呼び止められる。外人さん「チョット ヨロシイデスカ」、やまちん「OK、OK」。外人さん「ワタシタチノヨウナ、センキョウシニ アッタコトハ アリマスカ?」、やまちん「イエース 群馬県ノ

高崎市

デ トゥー・ヤーザ・ゴー」と答える。外人さん「オー ニネンマエ デスネ エイゴガ ジョウズデスネ」、やまちん「オー サンキュー サンキュー」と答える。やまちん 持ち前の英語力を発揮しております。外人さん「ヨンデ クダサイ」とチラシを渡しその外人さんは立ち去る。立ち去る際、「ハブア・ナイス・デイ」と言う所を、「ハロー・グッバイ」と言いそうになったがかろうじて止めた。^_^;

Img_2068 また歩く、これかな。違う医院だ。左カーブの内側にそれらしき建物がある。探していた鎌倉別館だ。入館料は先程の本館入館料に含まれているとのこと。「眞下美佐男版画コレクション」を展示してあった。エッチングが主体とのこと。よう分らん。しばし見学。

今度は今来た道を戻り、鎌倉国宝館へ行くことにする。西鳥居から入り表参道を横断するとあるという。左右見ながら歩いたが看板が無い。東鳥居にでてしまった。おかしい。Uターンして東鳥居から入ると右にそれらしい建物がある。これかな、行ってみる。玄関に「手を合わして念仏を唱えましょう」と書いてあった。中から念仏を唱える声が聞こえる。

イマイチ雰囲気が違うようだ。広い道にでる。わき道から人が数人出てくる。ここかい、入ってみる。あ、これだな。

Img_2070 鎌倉国宝館です。受付で入館料(500円)を支払い入館する。鎌倉時代の仏像や巻物が展示してある。その中でやまちんが大好きな優しい顔をした「千手観音菩薩坐像」があった。見ていたら思わず手を合わしてしまった。別の仏像を女性がデッサンしていた。

Img_2072 14時20分になったので少し早いが「ホテル・いずみ」に向う。小町通りはいつものような賑わい。傘を差しては歩きづらいので若宮大路の中ほどにある舗道を歩く。駅の西口に出て、江ノ電のキップ売り場で七里ガ浜(江ノ島)までの往復キップ(500円)を買う。御成通りを南に5分くらい歩くとホテルはある。雨はまだ降り続いている。チェックインし、部屋で少し休憩。15時12分発の江ノ電に乗るためホテルを出る。

通りには由紀江さんの音楽が流れていた、いつもこうなのかしら。ここで一句。

「鎌倉に 流れる調べは 由紀江さん」

江ノ電の改札を入り右にいくとホームがあります。やはり雨のためか江ノ電は空いていた。15分ほど乗車。七里ガ浜駅に到着した頃、雨はもうザンザン降りの様子。意を決して雨の中を歩く。早足で歩いた為10分もかからずに鎌倉プリンスホテルに到着する。昨年と同様二時間前の到着です。ジャンパーやズボンがびしょ濡れです。ロビイには既にオッカケらしき数人のお客。コパン(FC)の会員かな。さて、このままでは風邪をひいてしまう。何か乾かす物はないかな、と思いトイレに行くとありました、手洗い後の温風乾燥機。あはは、やまちん天才!少しは乾いた。外の景色は海の色と空の色が混ざり合ったような色、海と空の境界線が無い。

そうこうしている内にロビイは多くの人が入ってきた。4,5人のグループが3つある。他は1人、もしくは二人連れのファン。やまちん、由紀江さんに関してはそういったグループには加わりたくない。ファン暦は今年で16年と長いが、由紀江さんの音楽はやはり一人で味わいたい。

16時30分、奥の会場でドリンクサービスが始まる。今回はカクテル「耳をすまして」を注文。色はグリーン、少しミントをきかせてあり味にふくらみあります。なんてね。^_^;

外の景色を見ながらカクテルを味わいながら飲む。飲み終わったのでテーブルにグラスを置き、隣のコンサート会場へ行こうとした人だかりが出来ているテーブルがあった。CDと楽譜を販売していた。「耳をすまして」と「新・やさしく弾きたい人のために」の二冊を購入。(4980円)さあ、買ったはいいがやまちん、譜面は読めんピアノは弾けぬ。どうすんの、どうすんのよ。コンサートの会場に入る。約300人くらいの会場。

やまちんの席は「Hの5」、前から8番目左から5番目。17時35分、会場には拍手が起きる。由紀江さん登場です。おや、真ん中の花道にはいない、どこなの~。あらら、今回は左の通路からの入場でした。近くでお顔を見られたのに、残念。衣装は長袖の白いブラウスと白いスカートの上に、グリーンのレースの上着を着ていました。爽やか~。やまちんの花粉症も直りそうです。うふ。

「ささやかな幸せ」でコンサートが始まりました。

「今回のテーマ・カラーはグリーンにしました。カクテルもグリーンだったでしょ。」「窓の向こうを走る江ノ電を見ながら楽しんでくださいね。」と由紀江さん。

「旅」、「素敵にモーニング」、深呼吸し「誕生」を演奏。

3曲の演奏が終わり由紀江さん、「皆さん静かですね。ちゃんと息をしてくださいね。あまり静かなので、一音でも間違っちゃいけないと思い緊張しちゃいました~」と茶目っ気たぷりに話す。「このシーサンド・ピアノ・コンサートも今回で8回目を迎えましたが、3回以上来られたの方はいらっしゃいますか?」、手が上がる。「おお、いっぱいいますねえ」「じゃあ、5回以上の方は?」、手が上がる。「おお、こちらもいっぱいいますねえ」「じゃあ、8回全部来られた方は」、10人くらい手が上がる。「ありがとうございま~す。じゃあ、初めての方は?」、10人くらい手が上がる。「来年も来て下さいね」と由紀江さん。やまちん二回目なので手を挙げるチャンスが無かった。残念。(T_T)

ここで近況報告ということでラジオ大阪では4月から、「ふんわりタイム」という番組が放送開始されたとのことです。番組の中で「おかしいんちゃう」というコーナーがあり、普段「これおかしいんちゃう」と思った事を紹介したり、「趣味悠々」というコーナーでは簡単なピアノ・レッスンをしているとのこと。やまちんも教わりたい。

次に過日亡くなられた宮川泰さんの話になりました。由紀江さんが新人の頃、「自分やスタッフに気安く声をかけて下さったり、緊張をほぐすため冗談を言ったりしてくれました。」「6月には宮川さんと組んでコンサートも計画していました。それでは宮川さんにちなんだ曲を演奏しますね」。「恋のバカンス」、「宇宙戦艦ヤマト」、「逢いたくて、逢いたくて」の3曲を演奏。「宇宙戦艦ヤマト」では思わず口ずさんでしまいました。

ここでゲストの紹介。「フルートやピッコロ、リコーダー、オカリナ、更に篠笛、ケーナ等の演奏家でいらっしゃいます旭孝さんを紹介します。」ここで旭さんが登場。「旭さんは主にスタジオ録音に参加されて私もお世話になっています。」旭さんも「こちらこそお世話になっています。」とお辞儀の仕合。会場は笑いの渦に。旭さんのこの道40年以上のベテランで多くの楽曲に参加をしているとのこと。

ここで今回持参してきた楽器を披露してくれる。フルート、いくつもの長さの違う管を巻いたようなパンフルート、オカリナなどを紹介。楽器によってはフルートで「ド」の音を出す指使いが他の楽器では「レ」になるとかでそれを聞いていた由紀江さん、「へえ、「ド」が「レ」になってしまうなんて私には出来ないわ~」と。特に篠笛は難しいと旭さんは説明する。「またパンフルートは曲調に合わせて管を巻くので12個必要です」と。ここで数ある旭さんの参加楽曲のうち3曲を由紀江さんのピアノとのコラボ演奏。

「もののけ姫」(篠笛)、「ゲゲゲの鬼太郎」(ミニリコーダー)

「ああ~面白~い。鬼太郎のような可愛い曲を必死で吹いている旭さんを見ていたら噴出しそうになっちゃった~」と由紀江さん。そして3曲目は「万里の河」(篠笛)

やまちん、「万里の河」は感慨深く聞いておりました。この歌はもう25年位歌っていて十八番の歌です。もし願いがかなうなら由紀江さんのピアノと旭さんの篠笛をバックに♪遠~く、遠~く、何処までも遠~く、流れる河で~♪と熱唱してみたいです~。(^o^)丿

由紀江さんのピアノと旭さんの数種類の笛のコラボで「耳をすまして」、「手紙」を演奏。「手紙」では由紀江さんが主旋律になったり旭さんが主旋律になったりした。「こんな形での手紙の演奏は初めてです」と由紀江さん。演奏後旭さんが退場する。退場した後由紀江さんは「打ち合わせの時、手紙の演奏後は退場していただく予定です。と旭さんに説明したら、じゃあ、僕はさっさと歩かないといけないですね。さもないと皆さんいつまでも拍手していないといけないから、と心配してくれました」。ここで会場は笑いの渦。

次に「遠くへ行きたい」のロケの話。安野光雄さんと「子ぎつねヘレン」の作者竹田津 実さんを訪ねその時感激した話をした。餌付けしたリスを見るため、朝5時に竹田津さんを訪ね一緒に森の中に入る。餌場に近づくとリスに気づかれないように由紀江さんは小声になった。ところが竹田津さんは大声で「普通にしゃべりなさい」と言った。また餌場に由紀江さんが近づいた時に「抜き足差し足」状態になった。その時も竹田津さんは「普通に歩けば動物達は警戒しないよ。」と由紀江さんに言った。由紀江さんは「それじゃあ、普通に歩きます」。と行って歩いていったら、リスは警戒するどころか由紀江さんを無視して餌を食べ続けていたという。由紀江さん曰く「自然は難しい」。

その後、「くじけないで」、「見果てぬ夢を探して」を演奏する。ステージのカーテンが下りて照明がブルーに変わる。「ささやかな幸せ」を演奏。「ここでコンサートは終了です。アンコールはしないと決めてましたが、これでは終われませんよね。」と「また会おうね」を演奏。

今回も由紀江さんの人柄、やさしさ、暖かさを感じながらのコンサート。(^o^)丿 一時間半という短い時間でしたが「至福の時間」でした。

今回は19時にコンサートは終了でしたので、19時19分の電車には十分間に合う。帰りの舗道を歩いていたら前のカップルがチンタラ歩いていたしばい付き合っていたが我慢できずぬき去る。駅のホームのベンチで電車を待っていたら、地元の女子高生がスピッツの「チェリー」を小声で歌っていた。聞きたかったので「声が小さい」と言おうとしたが止めた。江ノ電に乗り鎌倉に着く。数人やまちんの前を歩いていたのでぬく事にする。正面の改札口の手前5メートルで先頭に立ち、勢いがついたまま改札の中にキップを入れたら、「カシャ」と言って扉が閉まってしまった。駅員さん「ここはJRの改札ですよ」。やまちん、用があるのは左の方角にある江ノ電の改札口。「すみません」と行ってキップを機械から取り出し、体を小さくし駅からでる。外は雨がまだ降っている。駅前のコンビニで缶焼酎、チー鱈とおむすび2個(690円)を買いホテルに向う。

今日13日は由紀江さんを見ながら、コンサートを楽しみたいと鎌倉まで来ました。ところが斜め右前に座った男性がコンサート終了するまで頭をかしげたり、もたげたりして頭を固定させていなかった。そのため、やまちんは男が頭を動かすたびに同様の動きをしなくてはならなくなった。この男眠いのかな。「眠るなら来るな~」。と頭をひっぱたきたくなりました。

少々疲れ気味

そんな訳で13日と14日のレポートは明日にします。ちかれたびー。(古いネタ)

今日は鎌倉

でも現地は雨とか。

7時30分ころの電車で行きますので詳細は明日、ということで。

今日もチラチラ

一昨日、寝不足だった為に昨晩はよく眠れました。しかし昨日から寒気がしていたので頭が重い。朝食は面倒くさいので「シーチキン丼」(ご飯の上にシーチキンを乗っけたもの)を作り食べる。葛根湯を飲む。明日は由紀江さんのコンサート、万全の体調で望まねば。

朝食後、NHKテレビを見ていたら映画「わらびのこう(蕨野行」が紹介されていた。監督は恩地日出男さん、主演は市原悦子さん。江戸時代後期の東北地方の寒村。その土地の風習で60歳になったら口減らしのため「蕨野」という場所で生かされる。そこで老人達は死を迎える。同じような内容で24,5年前「楢山節考」という映画があったなあ。

自主制作のため普通の映画館ではなく、市民ホールや市民会館での上映。すでに15万人の方が見たという。今年の日程はすでに決まっていて群馬県での上映予定はない。今は主に東北地方での上映をしているとのこと。この映画も是非見てみたい。

そのコーナーのBGMで「ウインダム・ヒル」の音楽が流れた。やまちんお気に入りの曲、でもタイトルは忘れていた。そんな訳で急に「ウインダム・ヒル」の音楽を聴きたくなった。物置にあるカセットケースをゴソゴソ、5本ほど出す。まずは「ジョージ・ウインストン」の「ディセンバー」を聴くことにする。BOSEのラジカセにテープを入れる。いい音だねえ。しばらく聴く。

その後いつものように地図ドリル。

「京都府北部にある盆地は?」、分からない。「福知山盆地」。

「京都府の日本海に面した「舟屋」で有名な 伊根町がある半島は?」、分からない。「丹後半島」

「じゃ、その半島に入り組んでいる湾は?」、分からない。「若狭湾」。

「滋賀県南西部にある山脈は?」、分からない。「鈴鹿山脈」

三重県津市がある平野は?」、「三重平野。「×」、「伊勢平野」

「伊勢半島の南端の岬は?」「しおのみさき」。「○」でも漢字が書けない。^_^;

つらい毎日である。

さて 新町にハチミツとポッカレモンを買いに行くことにする。まずはセブン・イレブンに寄りヨーグルト2個を買う。 新町駅に寄り時刻を確認する。鎌倉行きのキップは自動販売機で買えそうである。そこ後フレッセイに行けばいいのに忘れてしまった。「明日の記憶」より「今日の記憶」が無くなりかけてきている。

家にもどり、通販で買いたいバッグがあったので、葉書に必要事項を記入し岩鼻の郵便局に徒歩で行く。どこかの小学生だろうか遠足に来ていた。そういえば小学校1年の遠足は中島河原だった。(かしら)

柳瀬橋のたもとを歩いておりますと、道路の反対側に自転車のサドルに腰かけたまま停まって、道路を渡ろうとするミニスカートの女子高生がいた。その子の方をチラッチラっと見てしまった。^_^; 親切なトラックが停まってその子を渡らせてあげた。その子は自転車をこぎはじめ柳瀬橋を渡っていった。そのトラックに目をやったら、そのドライバーも自転車をこぐその子の方をしばし見ていた。なにやら一安心、男はみなスケベである。

橋を渡り始めるが5月とはいえ川面の風はまだ冷たく感じた。

Img_2049家の戻り今度はカワチへ行く。忘れずに「ハチミツとポッカレモン」を買おう。店に入りチョコのコーナーの前を歩いていたら新製品と書かれたケースに入ったチョコが売られていた。思わず買ってしまった。今度は「ハチミツとポッカレモン」も忘れずに買った。

昼食後はBOSEでウインダム・ヒルの音楽を聴く。一階で鳴らし二階で聴く。「焼き鳥の焼き方は遠火の強火」というのがあるが、BOSEは遠くに置いて音楽を聴くのがベストです。(^o^)丿

粕川村の赤城神社近くでは「ヤマツツジ」が見ごろとか。そういえば昨年の今頃「滝沢温泉」に行った時は満開で綺麗だった。写真を取っておけばよかった。^_^;

またもや県内二つのゴルフ場が民事再生法の適用を申請、保全命令がでたという。数年前から多くのゴルフ場が民事再生法の適用を申請していた。今回申請した「高山ゴルフ倶楽部」、まだ出来ていない時に仕事で訪れプレーの申し込みをすると、係りの方が「群馬銀行の支店長さんの紹介があればいいですよ」と返事をした。普通の人は銀行の支店長なんぞ知らんわい。その人はテングになっていたのだろう。一度お得意様と一緒にプレーをしたがその後はしていなかった。今回このような事になって関係者の方には申し訳ないが、正直言って「ざまあみろ」です。人を見下すからこういうことになる。

同じ系列のゴルフ場で旧 伊香保町に「伊香保ゴルフ倶楽部」というのがある。やまちんが営業で廻っていたころ、「キャロライン洋子」(古いネタ)に似た女性が担当だった。「キャロライン洋子」というよりも今では「エマニュエル・ベアール」似かな。そこのゴルフ場がどうなっているか心配である。

さて、哀しいニュースが一つ。たばこが7月から値上げになるという。勘弁してくれい。マイルドセブンが270円が300円に。やまちん愛用の峰は280円から300円になる。止めようかしら。でも。止められない。喫煙本数は一日平均2,3本だからいいか。

チラッ

昨晩は体がむず痒くあまり眠っていない。そんな訳で頭がぼーとしています。

朝食後、くすの木病院へ行く。注射を打ってもらうが今日は痛くなかった。(^o^)丿 9680円の会計。財政は痛い。いつものように喫煙所でカップコーヒーを飲みながらたばこを連続4本吸う。喫煙コーナーのベンチに何処かの会社に女性事務員さんであろうか、足を組んで座っていたのでチラっと見てしまった。年齢相応のスケベな男です。

その後本屋へ行き鎌倉行きの八高線や上越新幹線の時刻をメモする。いつもこんな時に使っていた高崎発8時19分の「たにがわ」が無くなっていた。出来れば高崎発で座りたい。次の「たにがわ」は9時19分発になる。さあ、どうしようか。

Img_2048 群馬銀行新町支店へ行き、固定資産税31、400円を一括納付する。群銀の裏にある「とみや」へ行き「たいこ焼き」を4個を買う。2個はその場で食べて残りは親のお土産にする。

さて、「笑点」が放送開始40年を迎える。一時期見ていなかったが最近は見るようになった。演芸コーナーには若い人が出るようになった。だいたひかる、長井秀和、漫才のロケット団、タカ&トシ、粋曲の柳家紫文など。

見た限りこれらの出演者は出来が良かったと思う。いまテレビでちやほやされている他の若手芸人はどうだろうか。いつも劇場でネタを披露している人はいいが、テレビにだけ出てる人は笑点では通用しないだろうな。

Jhjeren4 午後のひと時、由紀江さんの映画「子ぎつねヘレン」のサントラを聞いています。

メグちゃん復活(^o^)丿

昨晩9時に寝たせいか3時に起きてしまった。ま、6時間寝たからいいか。朝までTBSラジオを聴きながら過ごす。

天気はうす曇。きょうは久々にハローワーク藤岡でも行こうかしら。朝食後、群馬テレビを見ていたら日帰り温泉「利休」のCMが流れていた。見ていたら行きたくなった。よし予定変更。

9時に出発。月曜日と同じように湯都里の前に出て、関越の側道を走る。17号に出ようとしたが又行き過ぎてしまった、学習能力の無いやまちん。17号の上を超えてまた住宅街に出る。月曜日と違い今度は迷わずにすんなり17号に出る。すこしは学習能力があるやまちん。9時40分に利休に到着。開館時間までカインズで過ごす。

Img_2047 10時に玄関で待っていたらもう30台の車が集まっていた。県内一の広さと看板に書いてある。入館し受付で「一日・館内着なし」で申し込む。(730円)バーコードの腕輪を渡されるが、あまり説明がないので「お風呂場はどこ?」と聞く。ちょっと不親切。一階は食事処、館内は広い。2階に上がり岩盤浴の予約をする。(25分400円)時間が10時30分から30分刻みになっている。回転を良くするためと思うが、開始時間に無理がある。11時からを予約。

浴室も広い。内湯の温泉に入る、温度は43度弱。やまちんが「ひ~ひ~」と熱がっていたので係りの人が「熱いですか」と聞いた。我慢して「少々」と答える。泉質もお湯の色も湯都里と同じかな。その後とりあえず全部のお風呂とサウナに入ってみる。サウナは高温サウナと中温サウナあるが、やまちんには中温サウナが合う。露天に入ってみるがこちらもやや熱め。外にあるスチームサウナに入ってみる、造りは「七福の湯」と同じだった。室温は「七福の湯」に比べ低かったように感じた。

10時50分に岩盤浴前の待合所に行く。お水を飲まされる。入浴者はやまちんと6人の女性。浴室内に入り一番奥の場所にタオルを敷き25分間横になる。今回あまり汗はかかなかった。かいた汗を流しに内湯に入る。汗を含んだ館内着はダストボックスに入れることになっているが、この館内着は「なかなかいい出来」である。持って帰りたかった。実際持って帰ってもわからないだろう。さて喉が渇いた。

一階の食事処に行く。ここも広い、平日なのにかなり人が入っている。生中(450円)を注文後、ラーメン(450円)を注文しに別のレジへ行ったら、レジ前でああでもないこうでもないと決めかねているご婦人達がいた。決めてから並べって。後ろの人間に気づけって。男女を問わずこんな人間は嫌いだ~。ちょっとカリカリ。ラーメンを注文したらポケベルのようなものを渡された。出来たら鳴らすのかな。

座敷で生を飲みながらラーメンを待つ。ベルが鳴ったので取りに行った。テーブルに戻り食べてみる。ありゃ意外に美味しい、細麺でスープはやや濃い目。このような施設では出来はNO1である。

その後、ごろ寝をしに別の座敷に移動する。30分ほど横になり又、2階のお風呂へ行く。13時半になったので出ることにする。

泉質も湯都里と同じなのでわざわざ40分かけてくることもない。それにしても平日でこんなに込んでいるとは、休日には間違っても来ちゃいけないな。

され、全日本女子バレーのメンバーが決まった。移籍問題など調整が遅れ全日本のメンバーからしばらく外されていた栗原選手が復帰した。先のVリーグではMVPを獲得していた。これでメグカナ二人揃った。もちろん今までのメンバーの菅山、宝来、竹下らも選ばれている。(^o^)丿

さて今日の上毛新聞の一面に

片品村

の天王桜が紹介されていた。場所は花咲地区。14日までライトアップされているという。沼田からは

川場村

を通って背峰トンネルをくぐって行った方が近いかな。行きたいが遠い。^_^;

サッポロビール

が尾島町

にあったキッコーマンの工場を取得し、キッコーマンの焼酎の主力製品であった「トライアングル」をリニューアルし発売したという。サッポロビールは10年位前、「冬物語」のCMに由紀江さんを採用したことがある。また組合の会合で10回位

新田町

の工場に行ったこともあり、サッポロビールは身近に感じていた。今の純とJAPANが終わったらトライアングルを飲んでみよう。

懸念

Jsp1 今日は曇り空。由紀江さんの「スーパー・ベスト」を聞きながらのお目覚めです。(^o^)丿 このアルバムにはドラマで使われた「SAY YES」や「浅い眠り」、「時代」などが収録されています。

朝食前に可燃ゴミを出すことにする。外は小雨の小降りって感じの天気。傘をさそうか、さすまいか迷う。以前どこかのゴルフ場のキャディさんに、「大雨よりも小雨の方が傘をささないので油断して濡れるんですよ」と言われたのを思い出した。そんなこんなで傘をさしてゴミを出しに行く。

9時になったので就職支援会社へ行くことにする。矢中の交差点で待っていたら、対向車が右のウインカーを出していた。やまちんも右のウインカー。信号が青になったので右にハンドルを切るがその車は右ウインカーを出しながら直進してきた。「バカヤロー」と怒鳴ったが、ドライバーの女性はウフフと笑っていた。その内大きな事故を起こすぞ、コラ。

中居町の2車線の追い越し車線を走っていたら、後ろの車が遅い速度に我慢できず右の車線に進路変更した。ウインカーも出さずに。その内右車線も遅い速度になったので、再びその車は追い越し車線に入ってきた。ウインカーも出さずに。進路変更の場合は車線変更の3秒前にウインカーを出すのがルール。そんなに急いで何処いくのよ。その内大きな事故を起こすぞ、こら。

いつもの立体駐車場、今日は3階に停めることが出来た。ラッキー。外は少々寒い。歩いて10分の就職支援会社のビルに到着。今日もエクセルと地図ドリルのお勉強をする。

「大物主神(おおものぬしのかみ)を祭神とし「讃岐のこんぴらさん」の名前で親しまれている神社は」、分からない。「金刀比羅宮」(ことひらぐう)。

「戦国時代から江戸時代にかけ日本最大の銀山としてさかえた鉱山は」、「いわみ銀山」「○」。でも、、、。

「石見銀山」。漢字が書けなかった。^_^;

Img_2043 12時になったので帰ることにする。高崎弁当の復古「だるま弁当」を買いに高崎駅に寄る。1300円。

立体駐車場に戻り乗車して1階の出口に下りる。途中、女性運転の車がインコースに車を寄せて上ってくるではないか。危な~い。いつも思うのだが女性はなんでこんな危険な運転をするのかな。一度大きな事故を起こすといい。そうでないと自分の運転のおろかさが分からない。

Img_2046 帰宅途中、下の城のケンタッキーに寄る。「ケイジャン・ホットチキン」と「クリスピー」を買う。今宵の発泡酒のつまみである。うふ。

Img_2045  帰宅後、復古「だるま弁当」を食べる。中身は牛肉の時雨煮、地鶏のつけ焼き、舞茸の含ませ煮、花豆のふっくら煮、うずらの塩ゆで、コンニャクの赤玉つくり、フキの煮浸し、キンピラ風煮物、舞茸のワサビ和え、茶飯。残念ながら特段美味しいわけではない。入れ物は特別製の瀬戸焼、何かに使えるかしら。釜飯のお釜もおかゆに使えるかも、と思いとってあったのだが今まで使った事は無い。

今日の上毛新聞に「川柳とイラストで入浴マナー向上作戦」と題する記事があった。入浴マナーを分かりやすくまとめたイラストやポスターを県が作製し、温泉旅館や日帰り入浴施設で配布するという。

「深酒に 風呂はあしたと きめて寝る」

「しとやかに かけ湯人柄 にじみ出る」

「湯船にも ルール裸の 共和国」

「長湯後の 水の旨さも 山の宿」など。

今度もらってみよう。最近は老若男女共、マナーを守らない人が多い。「今の若い人は、、、」なんて間違っても言えない。

さて、イラク支援のため

榛東村

の「相馬が原駐屯地」に司令部を置く、陸上自衛隊第十二旅団が中心の支援軍の派遣が始まった。派遣隊員の平均年齢が32歳という。家族の人は心配だろう、派遣される隊員も心配だろう。こういう光景を見ていると「日本国憲法はどうなってしまうのか」心配である。自衛隊とは言いながら、外国の人は見れば軍隊としか見えない。かの地はまだ戦闘状態が続いている。突発的な紛争に巻き込まれなければいいが、無事の帰国を願う。

お風呂のあとは、、、

Tobira07 今朝も天気がいい。でも午後は崩れるとか。今朝も由紀江さんの「扉をあけよう」でお目覚めです。

8時50分になった。今日は吉岡町に出来た日帰り温泉「利休」に行くことにする。柳瀬橋をとおり、信号を左折して岩鼻の裏通りを走る。中居のセブンの前に出て、湯都里の前を過ぎる。そのまま直進し関越の側道に出て、側道をしばらく走る。前橋インタ近くなったので一般道に出ようとしたら道が分からず17号バイパスを越えてしまった。ま、どこか曲がれば出られるだろうと思っていたらケンタッキーの駐車場に出てしまった。そこからは17号には出られない。仕方なくUターンして住宅街を走る。うろうろしながらやっと17号に出ることが出来た。しばらく走る。産業道路を左折する信号があるはずだがどこだろう。あ、ここだあ。前方にあったビルが無くなっていたので分からなかった。

Img_2041 産業道路を直進、高井の交差点を過ぎる。カインズの近くを聞いていたが、あった。でも雰囲気が、、、。工事をしている。駐車場に車を停めて玄関に近づく。「本日はメンテナンスのため臨時休館日」とのこと。40分走ってこれかよ。やまちんの人生そのものって感じです。しかたなく20分戻り湯都里に行くことにする。

産業道路を走っていたら前のトラックがゆっくり走っている。追い抜こうかと思ったが止める。17号のT字路にさしかかったら前のトラックが左にウインカーをだして左折の車線をに変えた。じゃあ、とやまちんはその空いた車線に入ろうとしたら、そのトラックが今度は右にウインカーを出して右の車線に入ろうとする。「バカヤロー」。ふざけた運転をするヤツだ。

17号から関越の側道に入る。こんどはどうでもいいような所でブレーキを踏む車が、やまちんの前を走っている。危険である。後ろには「防犯パトロール中」のステッカーが、防犯の前にお前の運転をなんとかせい。プンプン(玉緒風に)

10時15分、湯都里に着く。今回は終日、そして岩盤浴に入ることにする。岩盤浴は11時15分からを予約する。岩盤浴はやまちんと女性8人くらい。今回は体調がいいのか汗が出る出る。気持ちいいほど出る。その後、内湯で汗を流す。

2階の食堂で生中を2杯、枝豆、コロッケ、おむすび2個を注文。2時過ぎまでまったりする。帰る前にもう一度内湯に入る。会計前に喫煙所でたばこを吸うことにする。廊下をあるいていたら背広姿のスタッフであろうか、「脱衣所は異常ありませんか」と他のスタッフと無線で連絡をしていた。その前に客に挨拶をするのが普通でしょ。レジへ行く、2980円の会計であった。

帰りにローソンで「ジャイアントコーン」を買う。お風呂のあとはやっぱりアイスでしょ。「お風呂の後のアイス」と言えば「大沢館」。また行きたくなった。

初代「おばけのQ太郎」の声を担当していた曽我町子さんが亡くなられたとか。♪Q、Q、Q,おばけのQ 僕はおばけのQ太郎♪そんな歌だったなあ。小学校に3年ごろ流行ったアニメ。懐かしい。当時クラスメートだったM子ちゃん、Q太郎の絵が上手だった。

来週も由紀江さん

Tobira1 今朝も小雨模様の天気。由紀江さんの「扉をあけよう」を聞きながらのお目覚めです。

朝食後、日本テレビ「遠くへ行きたい」を見る。今回は

長野県上田市

を紹介。今年3月6日に

上田市

丸子町

真田町

武石村

(たけしむら)が合併したばかり。

丸子町

の鹿教湯温泉も霊泉寺温泉も

上田市

に、真田氏にゆかりのある

真田町

上田市

になってしまった。

その番組で「おやき」を紹介していた。やまちんが初めて食べたのは昭和55年ごろ。お得意先を廻って茶の間でお茶を飲んでいたら、おばあちゃんがこたつの灰の中から何かを出してくれた。灰をポンポンとはらってお皿の上に。おまんじゅうかい。中身はアンコかなと油断して食べたら「あぶら茄子」、もう一つは野沢菜の炒めたものだった。「何これ」って感じでした。

さて来週の「遠くへ行きたい」は2週に渡って北海道の特集。レポーターは由紀江さんです。録画しなくちゃー、と思ったら来週の日曜の朝は鎌倉にいるんだった。録画は出来ない。残念。

地図ドリルを勉強。

「徳島県と淡路島の間の海峡は?」、分からない。「鳴門海峡」。「香川県の平野は?」高松平野」、「×」。「讃岐平野」。だめだこりゃ。

朝食後、とりせんへ買い物。いつものプリウスは停まっていない。買い物を済ませ戻ってくると、駐車スペースでは無いやまちんの前にいつものように停まっている。犬はいつものように人が通るたびに吠えている。バカ飼い主はいつものように見てみぬ振り。その内誰かに殴られるぞ。

Img_2029 その後

新町

のフレッセイで買い物。3月16日に発売された宝酒造の「焼酎・JAPAN」というのが棚に並んでいた。。なにやら米・麦・さとうきびを原料としているらしい。そうすると「秘蔵の扉」と同じ味かしら、迷ったが買うことにする。他にも2006FIFAワールドカップドイツの開催を機に、金色に輝くパール調の焼酎「JAPAN」(25度)があるとのことでファミリーマートのお店で限定発売されているらしい。公立病院前のファミマへ行ったら無い、探してみよう。限定販売という言葉に弱いやまちん。

Img_2034 チェ・ジウがCMしている新製品「コラーゲン10000」が、佐伯チズさんお奨めの新製品「明治美容ヨーグルト・美しいあした」というのがあった。これもコラーゲン・ペプチドというのが入っているらしい。新製品に弱いやまちん買ってしまいました。50を前に「アンチ・エイジング」に目覚めたやまちん、あとはヒアルロン酸とCQ10かい。

Img_2028 フレッセイで買い物を済ませ駐車場に戻ってきたら、隣にはこんな停め方をするひとがいた。あきれたわい。

さて映画「明日の記憶」が渡辺謙、樋口可南子主演で13日から公開される。「もしも愛する人が記憶を失ったら」という内容。妻役の樋口さんのインタビュー記事が上毛新聞に掲載された。

「妻役の枝美子を演じる中で気づいたのは、どんな状況でも日常はあるという当たり前のことだった。現実問題として働かなければならないし、看病もしないといけない。出来ることをしながら一日一日を送っていきのだと分かった」「つらいことがあっても太陽は昇り、起きたら朝ごはんを食べる。生きるとはそういう事だと知った。」

やまちんの母親も15年位前に2度、おかしくなった。今の土地に越して来て話し相手も無く過ごしていたらノイローゼに。毎晩毎晩同じ事を繰り返し言うようになり、物を食べなくなり脱水状態になった。やまちんもそんな状態の親をみていたらおかしくなりかけた。その内、姉や親戚のおばさんたちがやまちんの留守に病院に入院させてしまった。

今は親がおかしくなっても動揺はしないだろう。でも当時、親がおかしくなった時にはあわてたし、どうしていいのか分からなかった。一日一日が辛かった。

樋口さんの言葉は名言である。

ふじまつり

Img_2012 昨日の夕方、暑かったので立石の「はんばーぐ・カズ」へ行ってソーセージをつまみに生を2杯飲んで来ました。着いた時、国道17号線は店の前まで車が渋滞。お店では約一時間滞在。BGMではニール。ダイヤモンドの「スウィート・キャロライン」や「愛しいあなた」の歌が流れて来たので思わず口ずさむ。1、600円の会計でしたが500円の金券があったので1、100円。会計の時、また500円の金券をもらいました。帰る時、国道17号線は中国物産館前まで車が渋滞。運転手さんご苦労さまです。

Hyousi 今朝も暖かい朝。由紀江さんのアルバム「優しさの意味」を聞きながらの爽やかなお目覚めです。

Img_2023 8時半になった。「みかぼみらい館」で「ふじまつり」を開催しているので行ってみる。藤岡に22年いるが「ふじまつり」を見に行くのは初めて。時間が早かったせいかまだ込んでいない。入り口付近で任意の協力金の看板があったので100円を支払う。少し気分がいい。

Img_2024 階段を上がり一廻りしながら「ふじ」を撮影する。大きな蜂が数匹飛んでいたので「ふじふれあい館」へ逃げ込む。

Img_2020 館内では「フラワー・アレンジメント」や「絵画展」を開催していた。トイレには「下がるほど 人が見上げる ふじの花」というの句が書かれた短冊があった。

椅子に座り一休みすると、受付で案内する人の顔に見覚えが。会社OBのIさんであった。まだ元気でいるようだ。少し会話をする。

7月9日、「みかぼみらい館」で杏里のコンサートがあるという。好きな歌はいくつかあるが、残念ながら杏里の歌は2時間続けて聞いていられない。^_^;そんな訳でチケットは買わなかった。

Img_2027 その後、ららんの「肉の駅」へ行く。上州麦豚と上州黒豚で作ったソーセージをそれぞれ1個ずつ買う。今宵のビールのつまみである。

発見

昨晩、「レ・ミゼラブル」のサイトにアクセス。出演者は誰かな、と思いキャストを見ていたら、見覚えのある名前と顔があった。「駒田一」さん。何のお芝居だったかしら。記憶をたどっていったら劇団フォーリーズのミュージカル「俺達は天使じゃない」で、ズーズー弁(東北弁とは限らない)を使うおまわりさん役をしていた俳優さんだ。もう22,3年前になると思う

が松本市

民劇場と沼田演劇を見る会で計3回見ていた。顔の輪郭はそのままだった。あの舞台でヒロイン充子役を演じていた横瀬龍子さんはどうしているのだろう。一度何かの大きな舞台(もちろんミュージカル)に出ていたと思うが、あのやさしい歌声をまた聴いてみたい。

Jvijin 昨晩もあまり眠れずやや睡眠不足です。暖かいせいか浅間山周辺の山々がかすんでいます。そんな朝、由紀江さんの「Vijin」を聞きながらのかろやかなお目覚めです。

さて、

片品村

の「花咲の湯」で地元産のフキノトウと大白大豆を使った「ふき味噌」を発売したとか。大白大豆を使った納豆・醤油は独特な美味しさがあるので、片品へ行った時は寄って買ってみたい。ごはんや焼きおむすびにつけると美味しいかも。

過日、63年ぶりに帰国した旧日本兵の上野石之助さん。樺太で終戦を向えつつなお旧ソ連軍を相手に闘い、その後どんな経緯があったか分からないが現在はウクライナに住んでいるという。上野さんは記者から「なぜ早く帰国しなかったのですか」の問いに、「話したくない」と答えた。想像を絶する苦労と生活があったのだろう。

生まれ故郷にいた数日間親戚宅に泊ったり、子供の時に遊んだ神社などを歩いたという。「美しい、すてきな国に日本はなった。本当にうれしい」と言った。

上野さんの他にもそういう方が多くいるのではないかと思う。ちなみに故郷は岩手県北端の町、洋野町。地図で確認したら太平洋岸の青森県境にあった。最近地図に対して敏感になっている。^_^;

今日も懲りずに地図ドリルを勉強。今日は「九州の特産物」。

「「シリコン・アイランド」とも呼ばれる九州で全国有数の生産量を誇る製品は?」、分からない。「IC(集積回路)基盤」。「二人の愛ランド」は知っている。

「ビニールハウスの施設園芸が盛んな宮崎平野で全国一の生産量を誇る野菜は?」、「ほうれん草」。「×」、「ピーマン」。

「「ティーチキ」と呼ばれる植物の煮出し液と泥に含まれる鉄塩で絹を褐色に染め、絣に織った奄美大島の高級織物は?」、はて、「女ひとり」にこんな歌詞があったなあ。♪大島紬に名古屋帯♪。「大島紬」「○」。「チッチキチー」は知っている。

「赤、藍、紫、緑、黄色を基調に型紙を用いて花や鳥などを色鮮やかに染め上げる沖縄独特の染物は?」、分かる訳ない。「紅型(びんがた)」。明日から旅番組などは身に沁みて見てみよう。本の表紙には「面白くてためになる」と書いてあるが、やる度に自信を失っていく。(T_T)

Img_2011 お昼は近くのスパゲッティ屋で「ナポリタン」(560円)、「休みだからいいか」と「グラスビール」(サービス券を利用)を注文。サンデー毎日のやまちん、いつもお休み。^_^;

Sarugakyoumikawaya 先日買った旅行読売、ビールを飲みながら読む。猿ヶ京温泉で「温宿三河屋」という宿が紹介されていた。玄関に入ると囲炉裏が出迎えてくれる、そんなお宿です。一泊二食で8、400円とかで魅力的です~。(^o^)丿

宮城県鳴子温泉でも素泊まりで8、000円の「ゆさや」があった。行きたいなあ、鳴子温泉。

Jfacinetion 午後の暖かい、というより暑いひと時、由紀江さんの「Fascination」を聞いております。思い切り生ビールが飲みた~い。

今日も展示場

昨晩10時半に就寝しjたが2時ごろまで眠れず。朝までうつらうつら。

今朝も綺麗にでもないがはれていました。

朝食後、新聞の音読と地図ドリルをする。福岡県で漢委奴国王と刻まれた金印が発見されたのはどこ?」、分からない。「志賀島」。「大分県で石仏や磨崖仏がある市は」、分からない。「臼杵市」。「日本最大級の○○○古墳群がある宮崎県の市は」、分からない。「西都原古墳の西都市」。難しい。

Img_2008  9時半になったので昨日行った住宅展示場へ行く。途中、北関東道の高崎ジャンクションの横を通る。このジャンクション、上信越道から北関東道へ、また逆に北関東道から上信越道へ入るにも少々分かり辛いジャンクションである。「何これ」って感じの案内標識です。

Img_2009                                                       展示場に着く。12時半まで滞在。聞いてみると色々勉強になる。昨日今日と全部廻りました。しかし展示場とはいえこんな大きな家をだれが買うのかしら。買うにしても参考にならんわい。70坪から80坪ある。

Img_2010 その後、新町のフレッセイで買い物。新製品があったのでつい買ってしまった。「アミノ・コラーゲン」と「SOYJOY」(大豆で出来ている食べ物)。

さてウイスキー。値段は30年前に比べれば半額近くになったが、消費量は33%になったという。ただウイスキーはビールや焼酎に比べ「時間を楽しむ」という雰囲気がある。やまちんも若かりし折、ウイスキーを飲んでいた。社会人になって飲んだのは「ロバート・ブラウン」、岡本太郎のグラスがおまけについていた。その後はスーパーニッカ。甘くて美味しい。

赤城山の北にある老神温泉の赤城神社で「蛇まつり」を行っている。日光男体山のムカデの神と戦場ヶ原で戦った赤城山のヘビの神が老神温泉で闘いの傷を癒したという故事から神社はヘビをご神体としている。ヘビが嫌いなやまちん、祭りは見たくはないが泊ってみたい宿がある。温泉街からはずれた所にある「仙郷」、泉質は「単純泉」なので特徴はないのだが話のタネに一度は泊ってみたい。朝日ホテルは2度、山楽荘は一度泊っているが、団体での泊りだったのでゆっくりと泊ってみたいものだ。

昼食後、ビデオ「8人の女たち」を見る。

お金がないので、、、

Img_2005 昨日の夕方、西の方角を見たら綺麗な光景があったので撮影。写真では遠景で分かりにくいが、肉眼だと綺麗に見えました。

Yukievirjin 今日もお空は綺麗に晴れております。由紀江さんの「Virjin」を聞きながら爽やかなお目覚めです。

地図ドリルをやってみる。「大分県のこの半島は?」「大分半島」、「×」。正解は「国東半島」。「湾は?」「大分湾、「×」。正解は「別府湾」。「佐賀県の平野は?」「筑後平野」、「×」。正解は「筑紫平野」。自信が無くなりました。(T_T)

上毛新聞を読んでいるとこんな記事があった。合併後の新高崎市について「こんなはずではなかった」と否定的なチラシを吉井町が住民に配布しているとのこと。それを知った高崎市議会の吉井議長さんが吉井町議会に抗議をしたという。吉井町は高崎市との合併を望んでいたはず。これでは合併は無理だよなあ。何を考えているのやら。

Img_2007  北関東自動車道の前橋南インタ近くに住宅展示場がオープンしたので行くことにする。無料なので、、、。全建物をみると一日では足りないので6件ほど見る。「ハラサワホーム」、「ミサワホーム」、「積水ハウス」。ついでに「桧家住宅」、「富士ハウス」、「積水ハイム」を見学。どれもいい家である。お金があれば住んでみたい。

さて天気のいい午後のひと時、部屋の中でDVD「愛についてのキンゼイ・レポート」を見ていました。

まだ疲れが、、

6時に起きたが体がだるい。外は天気予報どおり雨、寒い朝です。

朝食後、少し布団に入る。10時半になったのでレンタル屋へ行く。「CubeⅢ」「愛についてのキンゼイレポート」「8人のおんなたち」を借りる。本のコーナーに「素泊まりできる宿」を特集した「旅行読売」があったので買う。

旧勢多東村の出身、桐生市新里在住の星野富弘さんが名誉県民として顕彰されることになった。名前はしっているが作品については実際に見たことがない。連休は込むと思うので明けたら「星野富弘美術館」を見に行くとしよう。でも遠い。

昨日は県内各地で30度を越えたとのこと。昼間から思い切りビールが飲みたかったが、午後防犯パトロールがあったので控えた。(グラスビールに)パトロール場所で立っていたが向こうから挨拶してくれる大人は誰もいなかった。集まって来る学童の親も挨拶はしてくれない。

こちらはボランティアで来ているのに「ご苦労さまです」の一言もない。暑い時も寒いとき約一時間「真っ赤な他人」の子の為、我慢して経っているのにバカらしくなる。挨拶はしつけの基本。それが出来ていない。子供のしつけをするよりも今の親のしつけをするのが先だと思う。

Img_1970 さて土曜日、上野・鈴本へ行ったが隣にはつい入りたくなる店があった。上野駅からの間にもいくつかそういう店がいっぱい。今度入店してみよう。つかまったりなんかしたりして、、、。^_^;

グッドリッジ敗れる

昨晩は早く寝ようとしたがテレビ欄を見たらK1の試合があるというので見た。お陰で11時半まで見ることに。優勝候補NO1と思われたグッドリッジがKOで敗れる波乱があった。2Rまでは圧倒的に優勢だったのに残念です。グッドリッジはKI選手の中で一番紳士的な選手だと思う。普通はマットに倒れこむまではパンチ、キックを出すのだが、グッドリッジはもうマットに沈むだろうと思ったら両手を広げ攻撃をしない。倒れこむまでのパンチやキックは反則ではないのだが、そういう彼の行為に対して好印象を持っていた。相手の右フック一発で勝ちが消えてしまった。勝負事は怖いものだ。

Img_2002 そんなこんなで今日も寝不足状態。朝8時半ごろ宅急便が届いた。不健康な怪しいビデオかなと思ったら、健康食品の「にんにく卵黄」でした。前回の分が丸ごと残っているので一回分余ってしまった。^_^;

テレビを見ていたら「ピンク・パンサー」のリメイク版がスティーブ・マーチン主演で公開されるとか。あの独特なテーマ曲が印象に残っています。当時ピーター・セラーズ主演で数本シリーズ化されてよく映画館へ見に行ったものだ。確か若い奥さんをもらったはず。昭和52年ごろフェイ・ダナウェイ主演の「さすらいの航海」という映画があった。

Sasuraikoukai ユダヤ人の乗客を乗せた客船が港を出航した。その後、ナチスの命令によりその船はヨーロッパ本土のどこにも寄港出来なくなる。明日の希望を失った乗客。そんな中、若い船員と若い女性が心中する。その時の若い女性がピーター・セラーズと結婚した。確か名前はリン・フレデリックだったと思う。輪郭のはっきりとした顔立ちいいの女優さんでした。映画雑誌を見て、結婚したと知った時はちょっとショックでした。(T_T)

Img_2003 お昼は立石の源氏の隣にオープンした「はんばーぐ・カズ」(旧Joyful)で昼食&喫煙タイム。店内はログハウスをイメージした造り。ハンバーグの味はまあまあ。ライスは少ない、確かに少ない。少食のやまちんが言うのだから間違いない。

Img_2001 注文したのは「色々野菜のトマトハンバーグ」(780円)と「グラスビール」(300円)。会計の時に500円の金券をもらったので又来よう。

本日の上毛新聞の一面に「統合で進む共学化」と題する記事があった。群馬県内公立高の男女別学校は16校ある。その割合は全国で2番目だという。(一番は宮城県だと思う)今後は地元の意見を聞きながら共学化を進めるとのこと。やまちんの出身高校も男だけだった。09年には女子高と統合し共学化が実施される。(もっと早く実施して欲しかった。)しかし沼田地区は賛成・反対が拮抗しているらしい。統合すれば母校が無くなるというのが大多数の意見らしい。でも同性だけの良さもあるし、また共学の良さもある。OBの意見よりもこれから入学する生徒たちの意見を尊重することを希望します。(お前は何様じゃ)

20年前、日航機が上野村御巣鷹の尾根に墜落し、乗員乗客合わせて520名の尊い命が失われた。母校の体育館も遺体安置所に使われた。羽田空港のある「安全啓発センター」にその機体の残骸が展示してあるという。多野藤岡地区に住んでいる者として一度は見学してみたい。

昭和25年に売り出した高崎名物の「だるま弁当」。1日から当時の瀬戸焼の器に入った「だるま弁当」を復活させるとのことで1日30個、限定販売するという。(1300円)高崎に出た折にでも買ってみるか。

さて、1月9日の「葡萄屋寄席」でトリを務めた三遊亭圓弥さんが亡くなったと新聞に書いてありました。寄席当日は人情噺を約40分間演じていました。もう一度、聞きたいと思っていたのに残念です。合掌。

本日の朝日新聞の生活欄で「C型肝炎ウイルス・肝機能「正常」でもご用心」というタイトルの記事があった。思わず食い入るように読んでしまいました。早く健康になりた~い。

今日は地区防犯パトロールの日です。14時半から16時まで「山田うどん」の信号の所で立っていました。腰が痛い。(T_T)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »