« 地理が得意? | トップページ | 穀雨 »

やわらかな朝の雨

由紀江さんの「自分への手紙」を聞きながらの心を癒されながらの朝。このアルバムの1曲目はタイトルと同名の曲です。そんな暖かく柔らかい雨です。

朝食後に小雨の中、くすの木病院へ行き注射。予約が多く入っているためか木曜日は込んでいる。会計で9、680円を支払う。暖かいので喫煙コーナーでコーヒーを飲みながら2服する。

その後、レンタル屋へ行き、DVD「交渉人・真下正義」を借りる。CDコーナーを覗いたら本日発売の本田美奈子さんのアルバム、「心を込めて」が棚に並んでいた。生前に録音し、未発表だった音源5曲を中心に作成されたアルバムとのこと。買ってしまいました。

Kokoro02 デビュー20周年記念アルバムのために録音していた「ロミオとジュリエット」の「愛すること」(WITH今井清隆)、「レ・ミザラブル」の「オン・マイ・オウン」、「美女と野獣」(WITHビーボ・ブライアン)。「アヴェ・マリア」に収録予定だった「天国への階段」、「時」の際に録音して未発表だった「見上げてごらん夜の星を」や、テレビ番組のために録音していた楽曲「オール・ウエイズ・ラブ・ユー」「やさしく歌って」「Lovin you」「思い出のサンフランシスコ」などを加えた13曲が収録されています。

やまちんが25年間観ていたのは新劇。新劇(しんげき)はヨーロッパ流の近代的な演劇を目指す日本の演劇を指していた。旧劇(歌舞伎)や新派に対する言葉である。当初翻訳劇を中心に始まり、歌舞伎や新派劇の商業主義を批判し、芸術志向的な演劇を目指した。とされる。

新劇を主に観劇していた労演(演劇を見る会)に所属していたやまちんも、つまらない考えで商業演劇というものを避けていた。名前の知れた俳優を揃え、お客を多く集めお金を稼ぐ興行と考えそれらの芝居を観ていなかった。「ミス・サイゴン」も「レ・ミゼラブル」「屋根の上のバイリン弾き」なども。これからは出来るだけ観るようにしよう。

Tizutoriru01 帰宅後、昨日買った「地図ドリル」を見てみる。県名と場所は分かるのだが漢字でかけない県があった。「茨城」、「栃木」、「岐阜」、「愛媛」、「滋賀」、「沖縄」が書けない。勉強しなおさねば、、、。^_^;

昼食後、DVD「交渉人・真下正義」を見る。昨日見た「容疑者・室井慎次」よりストーリー的にはこちらの方が面白い。

« 地理が得意? | トップページ | 穀雨 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149011/9681682

この記事へのトラックバック一覧です: やわらかな朝の雨:

« 地理が得意? | トップページ | 穀雨 »