« 今日もお散歩 | トップページ | 風が冷たくなりました。 »

「安宅の関」

言わずと知れた義経・弁慶一行を待ち受ける関所。歌舞伎で弁慶が「か~んじ~んちょう~」と見得を切るシーンを良く見かけていたが、つい最近まではどのような場面で使われていたのかを知らなかった。

14,5年前、中村吉衛門さんが弁慶役の「武蔵坊弁慶」では、安宅の関守・富樫泰家役を児玉清さんが演じていた。児玉さんが場面に出た瞬間から「見逃してやろう」という雰囲気が出ていた。

今回は誰が演じるのか興味をもったので久しぶりに「義経」を見た。石橋蓮司さんが演じた。最初は捕まえる雰囲気が出ていたが、弁慶が義経を棒でたたくシーンでは心の葛藤を演じて見せてくれたが、残念ながら児玉さんを超える「富樫」は見ることは出来なかった。

« 今日もお散歩 | トップページ | 風が冷たくなりました。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事